ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

人工関節センター

センター長  西井 孝(整形外科)

日本は超高齢化社会を迎え、変形性関節症に代表される下肢の関節障害により、痛みに苛まれたり、立ち上がる・歩く・しゃがみこむなどの生活の基本動作に支障をきたす患者様が増加しています。進行した関節障害に対し、痛みを改善し、生活動作などの機能向上が可能な人工関節手術は広く行われるようになりました。しかし、安全で良質な人工関節手術を提供できる施設は限られています。当センターは大阪市南部地域・堺市北部地域の中核病院として、府民の皆様に人工関節手術を中心とした質の高い関節外科治療を提供しています。

人工関節センターについて、より詳しいホームページを公開中です。

特色

  • 各科連携による包括的治療
    整形外科、リハビリテーション科、免疫リウマチ科、麻酔科、画像診断科、各専門内科などの各診療科が連携し、術前計画から手術の麻酔、術後の疼痛対策も含めた包括的な人工関節手術治療を行っています。
  • ナビゲーション手術、低侵襲手術
    より安全で再現性の高い正確な手術をするためコンピューターナビゲーションシステムを導入しています。ナビゲーションシステムの使用により、皮切や筋肉切開が少ない低侵襲人工関節手術も安全正確に行えています。
  • 両側同日人工関節手術
    手術が低侵襲で安全正確に行えるようになったため、両側同日の人工膝関節全置換術、人工股関節全置換術にも積極的に取り組んでいます。両側同日手術は患者様にとってリハビリ期間短縮、入院コストの低減という大きなメリットがある方法で、片側手術とほぼ同等の入院期間で安全に行えています。
  • 痛みの少ない手術、早期回復プログラム
    麻酔科との連携のもと、周術期の疼痛緩和対策として硬膜外麻酔、局所神経ブロックなどを行っています。また痛みを緩和して、早くリハビリを開始する早期回復プログラムにも取り組んでいます。
  • 充実したリハビリテーション
    当院は大阪府有数のリハビリテーション施設を誇り、専門スタッフが術前・後のリハビリを担当します。人工関節手術後の患者様は通常2-3週で自宅に帰れますが、手術前の状態により回復に時間を要する場合があります。回復に時間を要する場合は回復期病棟に転棟して頂きリハビリを継続することができます。
  • 専門内科、麻酔科との連携による徹底したリスクマネージメント
    人工関節手術を受ける患者様の年齢は、股関節で40-80才台、膝関節で60-90才台と、高齢の方も含め幅広い年代層の方が受けられており、生活習慣病などの治療中の内科疾患をお持ちの方も少なくありません。当院では、手術に際して全身のスクリーニング検査(胸部レントゲン、心電図、呼吸器機能検査、血液検査)を行い、手術・麻酔が安全に行えるか詳細に検討しています。当院では充実した専門内科部門(心臓内科、呼吸器内科、腎臓・高血圧内科、糖尿病代謝内科、消化器内科、免疫リウマチ科、神経内科)があり、術前の精密検査治療が可能です。必要に応じて入院中も専門医師が共観で診療に当たります。

主要疾患

変形性股関節症、変形性膝関節症、関節リウマチ、特発性大腿骨頭壊死症、大腿骨顆部骨壊死症、など関節破壊を来たす慢性疾患すべて。人工関節手術後のゆるみ、不安定性などについても再置換術を行っています。

主要検査

単純レントゲン検査、透視下動態撮影検査、CT検査、必要に応じてMRI検査、骨シンチ検査を行います。

診療実績

診療実績

診療科からのお知らせ

火曜日・木曜日に、人工関節専門医師が紹介患者様に対応いたします。予約はいずれも地域医療連携室を通してお願いいたします。 

スタッフ

西井 孝(股関節・膝関節)
野村 幸嗣(膝関節・足関節・リウマチ)
田村 理(股関節・膝関節)
清水 孝典(股関節・膝関節)