ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

子宮脱治療センター

患者のみなさまへ

特色

 個々の患者さんの病状、状況にあわせた最善の治療法の選択と実践。 子宮脱とも呼ばれる女性骨盤臓器脱は、出産の影響や加齢に伴って、腟が裏返るようにして、外陰部から脱出してくる疾患です。入浴の際に外陰部のピンポン玉のような突出に気がついたり、外陰部に物がはさまったような違和感に気がついて受診される方がほとんどです。
 また、尿道が男性に比べて短いため、女性の方は、笑ったり、くしゃみをしたりというようなお腹に力が入ったはずみに尿が漏れる(尿失禁)という経験をされる方が少なくありません。
 全女性の1割以上のかたが、生涯のうちに、このような症状に対する治療が必要になる、という推計もあるくらい、多くの方が悩まれる症状ですが、誰にも相談できずに悩んでおられる方も多くいらっしゃいます。また、泌尿器科と産婦人科の境界領域の疾患であるため、そのどちらかを受診しても、場合によっては十分な対応が受けられない状況も発生します。
 当センターでは、婦人科が窓口となり、泌尿器科と共同で診療にあたってきましたが、このたびこの診療センターを立ち上げて、より総合的な診療にあたることとなりました。
 治療は、保存的な治療と、手術治療になりますが、手術については、さまざまな方法が行われています。その方の年齢や、環境、病状によって最良の治療法は違ってきますので、患者さんひとりひとりにあわせた最適な方法を選択することが重要です。
 当センターでは、現在日本で行われているほとんどすべての治療法を実施しております。 的確な診断と、丁寧な話し合いを通じて、何もしないという選択肢も含めて、最適な治療法を決定し、実施いたします。

医療関係者のみなさまへ

主要疾患

女性骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤、腟脱症)
女性尿失禁(腹圧性、切迫性)
女性過活動膀胱

診療実績

骨盤臓器脱手術
  腟式子宮摘出、腟壁仙骨子宮靭帯固定挙上術
  腟式ポリプロピレンメッシュグラフト留置術(TVM手術)
  腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC手術)
  腟閉鎖術(完全、部分)
腹圧性尿失禁手術
  中部尿道スリング手術(TVT、TOT)

当科におけるPOP手術の変遷2021