ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

産科・婦人科

トピックス

2018年10月1日『生殖医療センター』開設

 このたび、体外受精等の不妊治療を行う『生殖医療センター』を開設する運びとなりました。
 妊娠を試みているけどなかなか成立しない、病気があるけど妊娠しても大丈夫かな?妊娠できるかな?不妊治療ってどんな内容か聞いてみたいけど治療費が高いのかな?など悩みをかかえる女性、男性はあなただけではありません。
 『生殖医療センター』は、総合病院内にある強みを生かして、周産期科はもちろんのこと泌尿器科と連携するなど、他科疾患合併を有する患者さんも積極的に診療させていただきます。
 当センターでは、卵からゆりかごまで、さらにそれ以降もトータルにお役にたてる医療を提供していきます。

詳しくは、『生殖医療センター』をご覧ください。 

無痛分娩(和痛分娩)を実施しています。

当センターでは医学的に必要性のある方に対してだけでなく、妊婦さん自身の御希望による無痛分娩を実施しています。

当センターでは、より安全で、よいお産をしていただくために、産科医、助産師、新生児科医だけでなく、麻酔科をはじめとして、各診療科の協力を得て、妊娠分娩の管理にあたっております。 妊婦さん自身が考えられるよりよいお産のために我々が何をできるかについて、是非ご相談ください。

無痛分娩は、硬膜外麻酔法によって分娩に伴う痛みを和らげる方法です。和痛分娩とも言い、分娩に伴う痛みがまったくなくなるわけではありませんが、痛みを大幅に和らげながら経膣分娩を行う方法です。

硬膜外麻酔法は、細くて柔らかいチューブを背中から腰の脊髄の近く(硬膜外腔)に入れて、そこから鎮痛薬を少量ずつ注入することで行います。神経の近くに鎮痛薬を入れることから、使用する鎮痛薬の量は少量で、赤ちゃんに対する影響はほとんどありません。 日本ではまだ一般的とはいえませんが、欧米では広く実施されており、アメリカやフランスでは、全分娩の約6割が硬膜外無痛分娩によって行われています。

これまで、無痛分娩を希望される方でも、費用の面で不安を感じられる方が多かったことを考慮して、当センターでは、無痛分娩の分娩費用を約65万円の定額制としておりますので、安心してご相談ください。ただし、保険診療の適応となるような医学的処置を行った場合を除きます。

詳しくは、こちらの小冊子「無痛分娩をお考えの方に」をご覧下さい。

当センターは無痛分娩関係学会・団体連絡協議会(JALA)の登録施設です。
無痛分娩施設情報一覧はこちらをご覧下さい。 

大阪市産後ケア事業について 

当センターは、大阪市産後ケア事業の実施施設です。

○ 大阪市産後ケア事業の対象となる方
大阪市産後ケア事業の対象となる方

 ご利用にはお住まいの区の保健福祉センターへお申込みいただき、承認を得る必要があります。
 希望される方は、お住まいの区の保健福祉センターへご相談ください。
 詳しくは、大阪市のホームページをご確認ください。

特色

2018年4月に、大阪府市共同 住吉母子医療センター(南館)がオープンしました。
MFICU(母体胎児集中治療管理室)やLDR(陣痛分娩室)の新設など、機能を充実させ、多様なニーズに対応してまいります。

1) 安全で快適なお産
  希望者に対する硬膜外麻酔分娩(無痛分娩)
2) 婦人科悪性腫瘍に対する集学的な治療
    腹腔鏡、ロボット補助手術による悪性腫瘍手術
3) 腹腔鏡、子宮鏡を用いた低侵襲手術
4) 子宮筋腫や過多月経に対するマイクロウェーブ手術、カテーテル治療
5) 子宮脱、尿失禁に対する最新の手術治療

産婦人科は、妊娠・分娩をあつかう産科と、女性生殖器に関連した疾患をあつかう婦人科に大きく分かれています。
医療の高度化、専門化にともなって、産婦人科の中でも多くの先進的な、診断・治療が行われております。

当科は、女性の長いライフサイクルの各時期で必要とされるさまざまな産婦人科的状態に対して、非常に幅広い分野で専門的で、先進的な医療を提供できる数少ない施設として大きな自信と実績をもっております。

主要疾患

1) 妊娠・出産
すべての妊娠・出産について、医師と助産師が共同で診察にあたっております。
妊娠経過に異常の無い方については、助産師外来を受診していただく事で、妊娠や分娩についての相談をゆっくりとしていただく事が可能です。
分娩時はカンガルーケアを行い、また、母児同室として赤ちゃんとおかあさんのふれあいを大切にしています。

2) 悪性腫瘍(婦人科癌)
子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌が代表的な婦人科の癌です。
いずれも初期に見つけることができれば、小さな手術や、薬で治療をして、そのあとに妊娠・出産が可能です。

子宮癌で子宮を摘出することが必要な場合でも、進行期によっては腹腔鏡手術で完全な手術を行うことができます。当科では、腹腔鏡による子宮癌手術が保険適応となる前から先進医療として実施してきた十分な経験があります。又、現在はより精密な手術が可能なロボット(ダビンチXi)の補助による腹腔鏡手術を保険診療で実施しています。
進行した癌の場合は、手術、放射線治療、抗がん剤を組み合わせて治療します。このようにいろいろな治療法を組み合わせる事で、婦人科がんの治療成績はおおきく改善しています。
当院では、放射線治療科とも共同で治療に当たることで、バランスの良い治療をめざしています。

3) 子宮筋腫 子宮筋腫治療センターのページもご覧ください
婦人科の病気の中でも最も一般的なものです。以前は、子宮が握りこぶしよりも大きくなれば、子宮を摘出するのがあたりまえでした。現在では様々な選択肢があり、その方にとって最適な治療方針を選ぶことができます。当センターでは、現在行われているほとんどすべての治療方法をおこなうことができますので、安心して相談していただけます。
当科では、できるだけ手術をしないことを目標にしています。
しかし、月経の量が多くなって生活に差しさわりが出たり、貧血が進んだりする場合には治療が必要です。
現在では、手術と手術以外の方法を含めていろいろな治療法がありますので、その方にとって最良の方法を相談いたします。
比較的小さいのにもかかわらず、とても強い症状をだすことが多い粘膜下筋腫については、子宮鏡を使って腟の内側から削り取る手術を行っています(レゼクトスコープ)。この手術は、短い入院期間(3~4日)で、おなかや子宮を切ることなく、つらい症状を改善できます。また、手術後の妊娠についても、多くの方では、自然分娩が可能です。

大きな子宮筋腫を小さくする目的には、カテーテル治療による子宮動脈塞栓術 (UAE)が低侵襲で有効な場合があります。この治療については、IVRセンターとの共同で診療にあたっています。
手術が必要な場合でも、多くの場合には、大きな傷をつけない腹腔鏡手術で行うことが可能です。

4) 子宮内膜症
子宮内膜症は、若い方では完治することが難しい事が多く、何を目的として治療するかによって、治療の方法が違ってきます。10年、20年の単位で治療の方針を考えていく必要がある場合も珍しくない病気ですので、的確な診断と、治療方針についてよくご相談する事が大切です。
手術が必要な場合には、腹腔鏡手術が適している事が多くあります。

5) 性器脱(子宮脱) 子宮脱治療センターのページもご覧ください
子宮や、膀胱、直腸などの臓器が下がってきて、膣の入り口から飛び出した状態です。
ものがはさまったような不快感があり、排尿や排便がしにくくなることがあります。
まず、手術をしない治療を行いますが、症状が気になる場合には、手術をお勧めする事があります。
この手術を骨盤底再建手術といい、いろいろな方法がありますが、当院では、TVM手術という、合成繊維のメッシュ(網)を用いた腟式手術や、腹腔鏡手術によるメッシュによる腟の吊り上げ手術(LSC)などの最新の方法を行っております。LSCについては、ロボット(ダビンチXi)の補助による手術が2020年から保険適応となりましたので、これを実施しています。
患者それぞれの症状に最も適した方法を選択する事が重要です。
誰にも相談できずに悩んでおられる方が多いので、まず一度ご相談ください。

6) 尿失禁(尿漏れ) 子宮脱治療センターのページもご覧ください
女性の尿漏れは、けっして珍しい症状ではありません。しかし、そのために外出をひかえるなど、日常生活にさしさわりがでているようであれば、治療をおすすめします。体操や内服薬などの治療で効果が得られることも多くあります。症状の重い方には、比較的単時間の手術で高い効果が得られます(TVT手術)。尿漏れの診療には泌尿器科と共同であたっております。

主要検査

1) 子宮癌検診
検診を目的とした子宮癌の検査は原則としてご遠慮いただいております。
自治体の検診、またはお近くのクリニックにて検診を受けていただいて、精密検査が必要な場合には、検診結果をお持ちの上、受診ください。
子宮頸癌の検診は、すべてのがん検診のなかでもっとも効果的ながん検診です。
20歳以上の女性は、かならず定期的に受けるようにしましょう。
子宮頚癌は検診によって初期に発見、治療を行っても、若い方にとっては、その後の妊娠、出産に影響が残る可能性があります。子宮頚癌はHPVワクチンをうけることで予防することができます。ワクチン外来(水曜午後)でご相談ください。

2) 産科・婦人科超音波検査

3) 子宮頚部コルポスコピー検査
子宮頸癌やそれに至る病変が疑われる場合の精密検査です。
内診台の上で、子宮の入り口の部分を拡大鏡で観察します。

4) 子宮内膜組織検査
子宮体癌やそれに至る病変が疑われる場合の精密検査です。
外来で行うこともありますが、入院が必要な事もあります。

5) 子宮鏡検査
子宮の中をファイバースコープで観察する検査です。
検査前の準備が必要なので、予約が必要です。

6) 子宮卵管造影検査
不妊症の方などで、子宮の中に造影剤を入れて、レントゲンで卵管が通っているかどうかを見る検査です。
予約が必要です。

7) 婦人科腹腔鏡検査
不妊症などの原因を調べるために、おへそに開けた小さな穴から、おなかの中をのぞいて、子宮や卵巣の状態をみる検査です。
全身麻酔が必要ですので、入院が必要です。また、検査だけでなく、原因がわかればそれに対する手術治療も同時に行います。

診療実績

2020年の分娩数は、1175件でした。このうち吸引分娩となった方が89例(7.6%)、鉗子分娩となった方が35例(30.%)でした。帝王切開による分娩は246例(20.9%)でした。無痛分娩の予約をいただいたのは122件でしたが、このうち実際に無痛分娩の処置を行うことができた方は74件でした。そのうち6件が医学的理由により途中で帝王切開による分娩ととなりました。手術総数は716件で、婦人科手術は図2に示すような内訳でした。悪性腫瘍に対する治療は、手術だけで終わるわけではなく、放射線治療科と共同での放射線治療や、抗がん剤による治療など多岐にわたります。婦人科癌のすべての領域にわたって、総合的な治療を行っております。良性疾患に対する手術治療は、できるだけ手術をしないことをモットーとしておりますが、手術をする場合には、腹腔鏡手術、子宮鏡手術、メッシュを用いた性器脱や尿失禁に対する手術などのさまざまな選択肢を用意して、それぞれの方に最適な治療法を提案できる体制を整えております。受診する施設によって、治療法が規定されてしまうのでなく、一人ひとりにとって現在得られる最も適した治療方法が提供できるように最大限の努力をしています。

図1 分娩数 (2020年)

正常経膣分娩吸引分娩鉗子分娩帝王切開分娩
814 89 35 262

図1 分娩数

図2 婦人科手術件数(外来手術を除く)

悪性腫瘍
開腹手術
悪性腫瘍腹
腔鏡手術
良性疾患
開腹手術
腹膣鏡手術子宮鏡手術腟式手術
35 23 52 210 39 106

図2 婦人科手術件数

学会認定

  • 日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設(総合型)
  • 日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設
  • 日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)暫定認定施設
  • 婦人科悪性腫瘍研究機構登録参加施設
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医制度認定研修施設
  • 日本女性医学学会専門医制度認定研修施設
  • 日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設
  • 日本産科婦人科学会認定卒後研修指導施設
  • 母体保護法指定医認定研修機関

スタッフ

写真職名医師名専門分野学会認定など
たけむらまさひこ 主任
部長
竹村 昌彦
(たけむら
 まさひこ)
  • 婦人科腫瘍
  • 内視鏡外科
  • 骨盤底再建
    外科
  • 大阪大学医学部産婦人科臨床教授
  • 日本産科婦人科学会指導医
  • 母体保護法指定医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
    ・指導医
  • 日本周産期・新生児医学会周産期専門医
    ・代表指導医
  • 日本産婦人科内視鏡学会技術認定医
    (腹腔鏡、子宮鏡)
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本生殖医療学会生殖医療専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本女性医学会女性ヘルスケア暫定指導医
いわみやただし 副部長 岩宮 正
(いわみや
 ただし)
  • 婦人科腫瘍
  • 内視鏡外科
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
すみくらともこ 副部長 隅蔵 智子
(すみくら
 ともこ)
  • 婦人科腫瘍
  • 一般
    産婦人科
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
    ・教育研修指導認定医
たぐちたかこ 医長 田口 貴子
(たぐち
 たかこ)
  • 周産期医療
  • 一般
    産婦人科
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
  • 母体保護法指定医
  • 日本周産期学会周産期医療専門医
しまずゆきこ 医長 島津 由紀子
(しまづ
 ゆきこ)
  • 周産期医療
  • 一般
    産婦人科
  • 遺伝診療
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
  • 母体保護法指定医
  • 日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
ささのけい 医長

笹野 恵
(ささの
 けい)

  • 周産期医療
  • 一般
    産婦人科
  • 日本産婦人科学会産婦人科専門医
  • 母体保護法指定医
くぼたさとし 医長 久保田 哲
(くぼた
 さとし)
  • 生殖医療
  • 一般
    産婦人科
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 母体保護法指定医
まつざきせいこ 医長

松崎 聖子
(まつざき
 せいこ)

  • 一般
    産婦人科
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  診療
主任

海野 ひかり
(うんの
 ひかり)

  • 一般
    産婦人科
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 母体保護法指定医
さわだまさあき 診療
主任

澤田 真明
(さわだ
まさあき)

  • 一般
    産婦人科
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
かとうあいり 診療
主任

加藤 愛理
(かとう
 あいり)

  • 一般
    産婦人科
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
かとうけいいちろう 医員

加藤 恵一朗
(かとう
けいいちろ)

  • 一般
    産婦人科
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
くりたによしひろ 医員

栗谷 佳宏
(くりたに
よしひろ)

  • 一般
    産婦人科
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
  • 母体保護法指定医
まつたにかずな 医員

松谷 和奈
(まつたに
 かずな)

  • 一般
    産婦人科
 
おかきひろむ 医員

岡木 啓
(おかき
 ひろむ)

  • 一般
    産婦人科
 
おおやなぎりょう 医員

大柳 亮
(おおやなぎ
 りょう)

  • 一般
    産婦人科
 
なかたにさやか 医員

中谷 沙也佳
(なかたに
 さやか)

  • 一般
    産婦人科
 

 

外来診察予定表

外来診察予定表

分娩入院についての紹介動画

当センターでの分娩入院について、紹介動画を作成しました。是非、ご覧下さい。

「分娩入院についての紹介動画」