ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

乳がん治療・乳房再建センター

センター長 元村 和由(乳腺外科主任部長)
副センター長 福田 健児(形成外科主任部長)

特色

乳がんは日本人女性で最も罹患率の高いがんとなりました。乳がんの臨床は診断から治療まで多岐分野にわたるため、高度な専門的知識や技術が要求されます。
平成22年4月より乳がん治療・乳房再建センターを開設いたしました。ここでは乳腺外科、形成外科、放射線治療科、病理科、看護部、薬剤部など各部門のエキスパートが連携して、国際標準に基づいた診断治療を行います。
当センターは以下のような治療に重点をおいています。

  1. 低侵襲治療を目指した乳がん手術
    乳房温存手術、色素とアイソトープを用いたセンチネルリンパ節生検を積極的に行っています。
  2. 整容性を重視した乳房再建
    乳がん切除と同時に行う一期的乳房再建(血管吻合を用いた脂肪移植術)や、乳がん切除後の乳房欠損に対して行うティッシュ・エキスパンダーを用いた二期的乳房再建を積極的に行っています。
  3. 専門外来化学療法室で行う抗がん剤治療
    乳房温存手術を目指した術前化学療法、再発予防のための術後補助化学療法、進行再発乳がんに対する治療を専任の看護師のもと実施しています。
  4. 放射線治療専門医による放射線治療
    乳房温存手術後の残存乳腺への照射、乳房切除後の胸壁照射、骨転移や脳転移巣へのリニアック照射、骨転移に対するストロンチウムによる内照射などを行っています。

主要疾患

  • 乳がん
  • 乳房腫瘍(主に悪性腫瘍)など

主要検査

  • マンモグラフィ(乳房X線撮影)
  • 乳腺エコー(超音波)
  • 穿刺吸引細胞診
  • 組織診(針生検)
  • その他:CT、MRI、骨シンチグラム

診療実績

  • 平成26年 原発乳がん手術 88例(乳房温存術42例 乳房切除術46例)再建手術13例
  • 平成27年 原発乳がん手術118例(乳房温存術69例 乳房切除術49例)再建手術14例
  • 平成28年 原発乳がん手術115例(乳房温存術91例 乳房切除術24例)再建手術15例
  • 平成29年 原発乳がん手術102例(乳房温存術80例 乳房切除術22例)再建手術1例

学会認定

  • 日本乳癌学会認定施設
  • 日本形成外科学会認定施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定施設
  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本医学放射線学会専門医修練機関
  • 日本病理学会研究認定病院
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

センター長挨拶

日本有数の乳がん治療実績を持つ、大阪府立成人病センター乳腺内分泌外科に24年近く常勤医師として乳がんの診断治療に携わった後、平成27年4月に当センター乳腺外科主任部長として着任しました。成人病センター時代には、今では乳がんに対する標準治療となっている、乳房温存療法とセンチネルリンパ節生検を日本で初めて実施し、その日本における普及に努めてきました。また新薬として開発された多くの抗がん剤をいち早く治療に取り入れてきました。今後、エビデンスに基づいた世界標準の治療を行うよう心がけ、欧米と遜色のない診断・治療のレベルを目指したいと思います。
当科では乳がんを始めとする乳腺疾患の患者さんはもちろん、乳がん治療により乳房再建が必要となった患者さんに対しても、専門的で高度な医療を提供できるように努めております。検診で異常を指摘された方、乳房に異常(しこり、乳頭分泌など)を気付かれた方はお気軽にご相談ください。