ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

麻酔科(中央手術室)

特色

 当センター麻酔科は、安全で、かつ苦痛や身体への悪影響の少ない手術と、患者の速やかな術後の回復のために、中央手術室における全身麻酔・区域麻酔を中心とする周術期医療を実践しています。手術室での麻酔に従事するだけではなく、ICU入室患者の人工呼吸などの集中治療にたずさわり、また、院内心肺蘇生システムの一員として、院内で発生する生命の危機に際する二次救命処置の要請に応じ、さらに、急性期疼痛や難治性疼痛と闘う入院患者の疼痛治療も行っています。
 医療法に基づく麻酔科標榜許可を得、日本麻酔科学会より指導施設の認定を受けて、複数の学会認定麻酔科指導医を中心に、臨床研修医、後期研修医、麻酔科認定医、麻酔科専門医がチームとなり、他診療科と連携して安全な周術期医療の確立のために昼夜を分かたず活動し、緊急症例の麻酔にも常時対応しています。全国的な麻酔科医不足が社会問題として続くなかで、当センター麻酔科は、大阪府域はもとより全国から周術期医療に積極的な人材を招き、周術期医療の質の維持と向上に努めています。

主要疾患

 麻酔科では、当センターにおける手術療法が必要なすべての疾患の全身麻酔や区域麻酔を実施させていただいております。当センターの性格を反映し、腎臓病、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、心疾患、脳血管疾患などをはじめとするいろいろな合併症をお持ちの方や、身体あるいは精神・高次神経機能の障害をお持ちの方も多いですが、すべての患者に安全かつ快適に手術を受けていただけるように、手術が予定された段階での麻酔科外来診察で麻酔科認定医が診察させていただいて、患者とともに麻酔の計画をたて、術前日には麻酔担当医が病室をおじゃまして、患者の状態と麻酔の方針の再確認をさせていただくことにしております。
 ICUにおける集中治療の状況は、ICUの項をご参照ください。 

主要検査

 麻酔管理に必要な検査機器やモニタ機器をそろえ、術中のモニタリングにあたっては、日本麻酔科学会の「安全な麻酔のためのモニター指針」を遵守して安全を確保しております。全身麻酔中は、術野や全身の色や状態を看視するとともに、血圧、心拍数、心電図、パルスオキシメトリーによる動脈血酸素飽和度、呼吸気ガスモニターによる呼気二酸化炭素分圧や酸素および麻酔ガスの濃度、体温を連続的に測定し、患者の代わりに患者の身体の状態を把握するようにしております。脳波を解析して麻酔の深さを数値で表す装置(BISモニター)や、神経を刺激して筋弛緩の状態を把握する筋弛緩モニターなど電気生理的な検査を行う機器も活用しています。
 2013年2月より手術室に自動麻酔記録システム(ORSYS)が導入されました。このシステムにより麻酔記録が自動化、デジタル化されました。ORSYSサーバーが院内LANと接続されすべての院内電子カルテ端末から術中の麻酔記録を確認することができるようになりました。2018年4月に新たな手術室が5室完成し、ハイブリッド手術室、ロボット手術室として稼動しています。2019年4月には手術室内にアンギオ室が増設されました。また、動脈血のガス分析や生化学・血球算定をはじめとする各種の血液検査やX線画像診断は、手術室でいつでも緊急にできる体制ができています。さらに、麻酔科用の超音波エコー装置が5台あり、神経ブロックや血管確保などに利用しています。

診療実績

 2019年で1969年麻酔科創立以来50年が経過しました。2018年末で麻酔科管理症例の累計が13万2000件を超えました。2015年より2018年までの麻酔管理件数の年次推移は表1の通りです。2018年の麻酔管理症例は5,156件でした。
 手術部位別の麻酔件数の年次推移を表2に示します。日本麻酔学会の分類による麻酔法別の件数の年次推移を表3に示します。2018年の全身麻酔件数は4,678件で、 そのうち627件に硬膜外麻酔などの区域麻酔を併用し、術後の疼痛を抑制しました。
 抗凝固療法や抗血小板療法中など硬膜外麻酔が併用しがたい症例には、鎮痛薬の静脈内持続注入も実施しています。 脊髄くも膜下麻酔 (脊麻) 458件のうち32件に硬膜外麻酔を併用し、術中の確実な麻酔と術後に持続する鎮痛を得ています。
麻酔用の超短時間性鎮痛薬であるレミフェンタニルや、非脱分極性筋弛緩薬のロクロニウムなど、より効果的で安全な薬剤を導入しています。
2015年から麻酔科の専門医制度が変わり、専門医を取得するためには心臓血管外科手術などの特殊な手術の麻酔を一定数経験する必要があります。
心臓血管外科手術の麻酔は、開心術(オプポンプCABGおよび人工心肺下で施行された心臓大血管手術)の麻酔であることが必要で、ステント手術やTAVI手術、腹部大動脈瘤人工血管置換術の麻酔は含まれません(2019年度から一部変更があります)。表4に麻酔科専門医取得に必要な特殊麻酔症例と当センターで2015年度から2018年度に施行された特殊麻酔症例件数を示します。
2年間の研修であれば麻酔科専門医に必要な特殊麻酔件数をすべて経験することができます。
表5に当センターで2017年度および2018年度に研修したレジデントの2年間の実績をを示します。

表1 麻酔管理件数の年次推移

主担
当科
消化器
外科
乳外科小外科呼外脳外整形精神産婦耳鼻眼科泌尿心外救診口外形成障がい
者歯科
その他合計
2015年 801 131 49 129 225 705 90 564 572 10 584 329 260 323 230 34 5 5,041
2016年 781 116 57 135 229 737 148 528 535 8 566 330 241 302 202 35 4 4,954
2017年 784 124 51 137 248 833 165 458 584 13 580 362 301 298 173 45 5 5,161
2018年 701 106 41 141 205 964 199 516 581 12 554 384 155 336 203 48 10 5,156


表2 手術部位別麻酔件数

部位2015年2016年2017年2018年
開頭 200 225 234 209
開胸・縦隔 147 139 139 166
心臓・大血管 300 314 350 359
開胸+開腹 29 40 23 39
開腹(上腹部) 388 445 447 389
開腹(下腹部) 1,467 1,305 1,320 1,263
帝王切開 120 139 118 169
頭頚部・咽喉頭 1022 953 1,000 1,046
胸壁・腹壁・会陰 239 233 221 213
脊椎 223 231 237 231
四肢(含:末梢血管) 798 775 894 853
その他・検査 108 155 178 219
総計 5,041 4,954 5,161 5,156

注:
(1)重複手術はメインの手術を選択する。
(2)内視鏡手術は,内視鏡を使用しないで同じ手術を行うとして分類する。
(3)その他,日本麻酔科学会の麻酔関連偶発症例調査の分類に従う。


表3 麻酔法分類

 麻酔回路を用いた全身麻酔区域麻酔その他総計
 区域麻酔併用なし区域麻酔併用合計脊硬麻硬麻脊麻伝麻合計
吸入麻酔全静脈麻酔小計吸入麻酔全静脈麻酔小計
2015年 2,490 1,077 3,567 512 276 788 4,355 60 1 606 2 669 17 5,041
2016年 2,426 1,396 3,822 347 260 607 4,429 55 0 466 0 521 4 4,954
2017年 2,728 1,338 4,066 359 286 645 4,711 48 3 393 0 444 6 5,161
2018年 3,089 962 4,051 466 161 627 4,678 32 3 426 1 462 16 5,156

注:
(1)区域麻酔には、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔、硬膜外併用脊髄くも膜下麻酔および伝達麻酔を含む。
(2)脊硬麻は硬膜外併用脊髄くも膜下麻酔、硬麻は硬膜外麻酔、脊麻は脊髄くも膜下麻酔、伝麻は伝達麻酔の略。
(3)麻酔回路を装着しない、医事請求上静脈麻酔に算定される全身麻酔はその他に含む。


表4 2015年度から2018年度4年間の特殊麻酔症例数、麻酔科管理件数

 2015年度2016年度2017年度2018年度
小児(6歳未満)の麻酔  94 75 93 89
帝王切開の麻酔 120 129 120 210
心臓血管外科の麻酔* 129 110 165 131
胸部外科手術の麻酔 165 169 162 183
脳神経外科手術の麻酔 179 202 215 181
麻酔科管理症例数 5,119 4,865 5,145 5,242

*人工心肺を利用した心大血管手術とオフポンプCABG手術

 表5 当センターレジデントの特殊麻酔件数と総麻酔件数の実績

 必要件数レジデント*
小児(6歳未満)の麻酔   25 32
帝王切開の麻酔  10 32
心臓血管外科の麻酔 25 58
胸部外科手術の麻酔  25 61
脳神経外科手術の麻酔 25 51
総麻酔件数*** 600 858

*2年間の実績

学会認定

  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
  • 日本集中治療医学会認定集中治療専門医研修施設
  • 日本呼吸療法学会専門医認定施設                       

スタッフ

職名医師名専門分野学会認定など
主任
部長
西村 信哉
にしむら しんや
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 感染制御
  • 日本麻酔科学会麻酔科指導医
  • 日本集中治療医学会集中治療専門医
  • ICD制度協議会認定 ICD
部長 稲森 紀子
いなもり のりこ
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 日本麻酔科学会麻酔科指導医
部長 平尾 収
ひらお おさむ
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 呼吸管理
  • 感染制御
  • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
  • 日本集中治療医学会集中治療専門医
  • 日本呼吸療法学会呼吸療法専門医
  • 日本救急医学会ICLSコースディレクター
  • 大阪大学臨床教授
副部長 山下 健次
やました けんじ
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 医療情報
  • 日本麻酔科学会麻酔科指導医
  • 日本集中治療医学会集中治療専門医
  • 日本周術期経食道心エコー認定医
    (JB-POT)
副部長 松本 充弘
まつもと あつひろ
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 呼吸管理
  • 感染制御
  • 日本麻酔科学会麻酔科指導医
  • 日本集中治療医学会集中治療専門医
  • ICD制度協議会認定 ICD
医長 東名 里恵
とうみょう りえ
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
医長 田中 成和
たなか しげかず
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 循環管理
  • 感染制御
  • 日本麻酔科学会麻酔科指導医
  • 日本集中治療医学会集中治療専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本小児麻酔学会認定医
  • 日本心臓血管麻酔学会心臓血管麻酔専門医
  • 日本周術期経食道心エコー認定医
    (JB-POT)
診療
主任
榎谷 祐亮
えのきだに ゆうすけ
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 循環管理
  • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
診療
主任
福並 靖崇
ふくなみ やすたか
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 循環管理
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定医
診療
主任
丸山 直子
まるやま なおこ
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 循環管理
  • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本周術期経食道心エコー認定医
    (JB-POT)
診療
主任
駒田 暢
こまだ とおる
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  •  日本麻酔科学会麻酔科認定医
医員 石山 諭
いしやま ゆう
  • 麻酔全般
  • 集中治療
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定医
医員 安藝 裕子
あき ゆうこ
  • 麻酔全般
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定医
医員 上田 浩平
うえだ こうへい
  • 麻酔全般
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定医
  • 日本周術期経食道心エコー認定医
    (JB-POT)
医員 黒田 真理子
くろだ まりこ
  • 麻酔全般
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定医
医員 川本 優
かわもと ゆう
  • 麻酔全般
  •  日本麻酔科学会麻酔科認定医
後期
研修医
川口 茜
かわぐち あかね
  • 麻酔全般
患者さんに、快適だったと言って
頂ける麻酔を目指して頑張ります。
後期
研修医
樋口 毅
ひぐち たけし
  • 麻酔全般
術前評価を行い、麻酔計画を立て、
安全な麻酔を実施できるようにな
ります。

診療科からのお知らせ

 「麻酔をうける方のために 」(麻酔と麻酔科医の役割についての説明)をご参照ください。麻酔科術前外来を受診される患者は、ふだんお飲みになっているお薬の一覧をお持ちください。また、手術や全身麻酔の安全を守るために、全身麻酔前6-8週間以上の禁煙をお願いしておりますのでご協力ください。

麻酔科専門医を目指す先生へ:麻酔科専門医を取得するには特殊手術の麻酔が必要です。小児症例を除けば、当センターではほぼ1年の研修で特殊症例の必要件数を取得できます。2015年度から2018年度の特殊症例の麻酔件数の推移を表4に、2017-2018年度に当センターで研修したレジデントの2年間の特殊症例数を表5に記します。
ママさん麻酔科の先生へ:当直無しの日勤だけの勤務や週3~4日の勤務も可能です。また2016年4月より当センター内にある保育所で病児保育がはじまりました。ご相談ください。
麻酔科専門医の先生へ:2018年4月に南館が完成し新しい手術室が5室増設されました。2019年4月に手術室内アンギオ室が増設されました。手術室は合計19室になりました。ロボット手術、TAVI手術やMitraclip手術に興味ある方、集中治療専門医を目指される方、当センター麻酔科常勤医として是非仲間になってください。

リンク先

リンク名称URL
大阪大学大学院麻酔・集中治療医学 http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/anes/www/home.htm
ページトップへ