ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

HPVワクチン外来

HPVワクチン外来について

子宮頚がんは若い世代に多いがんで、日本では毎年1.1万人が罹患し、約2800人が亡くなっています。マザーキラーという別名の通り、子宮頚がんにかかることで、命が助かっても妊娠出産を諦めなければならない人もいます。子宮頚がん健診を受け、早期発見・子宮を残す治療はできますが、治療後の妊娠での流産や早産の可能性が高くなります。定期的ながん検診だけでなく、ワクチン接種で子宮頚がんを予防することが、将来の妊娠・出産には重要です。
子宮頚がんの発生には、ヒトパピローマウィルス(HPV)が関与することが分かっており、HPVワクチンを接種することで、子宮頚癌の50~70%が予防できると言われています。WHOはHPVワクチンの接種を推奨しており、100カ国以上で公的な接種が行われています。日本では、小学校6年~高校1年相当の女子が定期接種の対象となっており、公費で接種することができます。
当院では、HPVワクチン接種に対する説明・同意して頂いた上で、ガーダシルという4価HPVワクチンの接種を行っています。ガーダシルは、間隔を空けて合計3回接種します(標準的には、1回目接種の後、2ヶ月後と6ヶ月後に接種します)。
ご不明な点ございましたら、電話にてお問い合わせください。

診察について

診察場所:産婦人科外来
診察日時:毎週水曜14時~16時
費用:13730円/回
※大阪市在住の小学校6年~高校1年 女子は公費で接種可能です

完全予約制となっております。事前に電話にて予約をお取りください。
未成年の方は保護者同伴でお越しください。

予約について

問い合わせ先:産婦人科外来
電話番号:06-6692-1201
受付時間:14時~16時