ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

脳神経内科

特色

  • 全ての脳・神経・筋疾患について、急性期から慢性期にいたる全ての病期を対象にした診療を行っています。
  • 救急診療として、脳神経血管内治療専門医3名を擁し、スタッフ全員で脳神経外科と共同で脳卒中センター(SCU12床)を運営し、脳卒中急性期のrt-PA静注血栓溶解療法や血管内治療による血栓回収療法を含めた包括的治療を365日24時間体制で行っています。またてんかん、脳炎、髄膜炎、ギランバレー症候群、重症筋無力症クリーゼのような精神疾患以外のあらゆる神経系救急疾患を常時受け入れています。
  • 大阪府難病診療連携拠点病院として、脳・神経・筋難病の診療を積極的に取り組んでいます。パーキンソン病については、通常の薬物療法に加え、様々なアプローチの投薬調整(レボドパ・カルビドパ配合経腸用液(LCIG)療法)や脳手術(DBS;脳深部刺激療法)の活用も行っています。筋萎縮性側索硬化症、多系統萎縮症、筋ジストロフィー、重症筋無力症、多発性硬化症・視神経脊髄炎などの神経免疫疾患等に対しても、診断確定後も長期的な診療および療養支援体制の確立に努めています。
  • ボツリヌス療法を、痙性斜頸、眼瞼・顔面けいれん、脳梗塞後遺症に対して施行しています。
  • 頸動脈狭窄症のリスク管理やステント留置術の施行、臨床病型が未確定の脳梗塞の精査(有効な再発予防には必須です)も行っています。 

主要疾患

  • 脳卒中;脳梗塞急性期(血栓回収療法、rt-PA静注血栓溶解療法)、一過性脳虚血発作、頸動脈狭窄・閉塞症(頸動脈ステント留置術)、頭蓋内動脈狭窄・閉塞症、脳梗塞各病型のリスク管理と抗血栓療法、脳出血、脳静脈血栓症、など
  • 神経救急疾患;脳炎・髄膜炎、けいれん・てんかん、ギランバレー症候群など
  • 神経変性疾患;パーキンソン病・症候群、筋萎縮性側索硬化症、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、アルツハイマー病、レビー小体型認知症など
  • 神経免疫疾患;重症筋無力症、多発性硬化症、視神経脊髄炎、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎、自己免疫性脳炎など
  • 筋疾患;筋ジストロフィー、筋炎 など
  • 遺伝性神経疾患;ハンチントン病、シャルコー・マリー・トゥース病など

主要検査

  • 画像検査;MRI、MRA、CT、CTA、RI検査(脳血流SPECT、DATスキャン、MIBG心筋シンチ)、脳血管造影、頸動脈超音波検査、経頭蓋超音波検査、経食道心エコー図、下肢静脈エコーなど
  • 神経生理検査;末梢神経伝導検査、筋電図、誘発筋電図、脳波など
  • その他;筋生検、神経生検、髄液検査、Head-up tilt testなど

診療実績

 令和2年1月から12月に脳神経内科に入院した患者数は749名(図1)でした。急性期脳血管障害患者は230名と入院患者の31%を占めています。脳神経外科とともに脳卒中センターの主要担当科として、rt-PA静注血栓溶解療法を20例、血管内治療による血栓回収療法を49例、頸動脈ステント留置術を15例施行しています。当科は主に虚血性脳血管障害226例を担当し、脳梗塞/一過性脳虚血発作の臨床病型、発症機序、危険因子を迅速に診断、リハビリも開始し、適切な治療を行い再発予防に努めています。また、神経変性疾患の入院数は227名で、パーキンソン病及び関連疾患を112名、神経難病の代表疾患であるALSを66名、ハンチントン病は16名入院され、府下の症例の半数以上を当科外来でfollow しています。図1に示すようにその他のあらゆる神経・筋疾患の入院・外来治療も多数例担当しており、これらの疾患の診断から終末期の合併症まで全ての病期に対応しています。通院患者のうち、指定難病疾患の患者数は836名で、日常のケア方針決定も含め、大阪難病医療情報センターとともに大阪府の難病医療実践に貢献しています。さらに、遺伝子診療センターの協力のもと、遺伝性疾患の遺伝カウンセリングも積極的に行っています。

図1 入院患者の疾患内訳(749名)


図1 入院患者の疾患内訳

診療科からのお知らせ

 脳神経内科の外来診察は、初診も含め、原則として予約制をとっておりますが、当日の初診も受け付けております。特に急を要する症状に関しては、急患担当医師が迅速に対応いたします。ただし、当科の初診は、その特殊性のため診察時間が長くかかることが多く、予約外の患者様には病状によって後日の予約をお願いすることがあります。どうかご了承くださいますようお願い申し上げます。

学会認定

日本神経学会専門医教育施設,日本脳卒中学会認定研修教育病院です。
日本脳卒中学会よりprimary stroke center(PSC) core施設を委嘱されています。

スタッフ

写真職名医師名専門分野学会認定など
さかぐちまなぶ 主任
部長

坂口 学
(さかぐち
 まなぶ)

  • 脳血管障害
  • 血管内治療
  • 脳神経超音波
  • 神経内科全般
  • 日本脳卒中学会幹事・専門医
  • 日本神経学会代議員
    ・認定神経内科専門医・指導医
  • 日本内科学会認定内科医
    ・総合内科専門医・指導医
  • 日本脳神経血管内治療学会専門医
  • 日本脳神経超音波学会認定検査士
  • 難病指定医
  • 身体障害者福祉法指定医師
  • 臨床研修指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 大阪大学医学部臨床教授
ほしたく 副部長 星 拓
(ほし
 たく)
  • 脳血管障害
  • 血管内治療
  • 神経内科全般
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本脳神経血管内治療学会専門医
  • 日本内科学会認定内科医
    ・総合内科専門医・指導医
  • 日本神経学会会員
  • 身体障害者福祉法指定医師
  • 難病指定医
  • 臨床研修指導医
すみくらひろゆき 副部長 隅蔵 大幸
(すみくら
 ひろゆき)
  • 神経病理
  • 神経難病
  • 神経内科全般
  • 日本神経学会認定神経内科専門医
    ・指導医
  • 日本内科学会認定内科医
    ・総合内科専門医・指導医
  • 日本神経病理学会会員
  • 身体障害者福祉法指定医師
  • 難病指定医
  • 臨床研修指導医
ひがしだきょうこ 医長

東田 京子
(ひがしだ
 きょうこ)

  • 脳血管障害
  • 神経内科全般
  • 日本神経学会認定神経内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本脳神経血管内治療学会専門医
  • 日本脳神経超音波学会会員
  • 難病指定医
しみずみきと 診療
主任

清水 幹人
(しみず
 みきと)

  • 神経免疫疾患
  • 神経難病
  • 神経内科全般
  • 日本神経学会認定神経内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本免疫学会会員
  • 日本神経免疫学会会員
ふかさかいさお 診療
主任
深阪 勲
(ふかさか
 いさお)
  • 神経内科全般
  • 日本神経学会認定神経内科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本脳卒中学会会員
  • 難病指定医
ながしまのぞみ 医員 永島 希
(ながしま
 のぞみ)
  • 神経内科全般

 

いとうまい 医員

伊藤 舞
(いとう
 まい)

  • 神経内科全般

 

さとうたくま 医員

佐藤 拓真
(さとう
 たくま)

  • 神経内科全般

 

さわだじんいち 非常勤
医員

澤田 甚一
(さわだ
 じんいち)

  • 神経難病
  • 日本神経学会認定神経内科専門医
    ・指導医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 難病指定医

外来予定表

外来診察予定表

リンク先

リンク名称URL
日本神経学会 http://www.neurology-jp.org/
日本脳卒中学会 http://www.jsts.gr.jp/
日本内科学会 http://www.naika.or.jp/
日本臨床神経生理学会 http://jscn.umin.ac.jp/
日本脳神経血管内治療学会 http://jsnet.website/
日本ボツリヌス治療学会 http://www.j-neurotoxin-therapy.jp/
日本脳神経超音波学会 http://neurosonology.jp/