ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

精神科

特色

 総合病院で閉鎖病棟をもつ、大阪で数少ない精神科のひとつです。このため、身体科の協力のもとに、身体合併症を持つ患者さんを受け入れることが、当科の第一の仕事です。また、院内他科病棟への往診(リエゾン)も当科の主要な仕事の一つです。
 大阪府の精神科救急医療体制のなかで「合併症受入病院」となっており、精神科病院から合併症患者を受入れているほか、救急診療科や、院内他科病棟、他の医療機関からも、精神症状と身体疾患のある方を多く受け入れています。緊急措置入院や、合併症を持つ措置入院も受け入れています。平成22年より、「精神科救急・合併症入院料」を算定しています。
 関西ではまだ十分には普及していない修正型電気けいれん療法も行っています。

主要疾患

 精神科身体合併症医療にほぼ特化しており、精神科病棟では、身体疾患に対して入院治療を要する患者様を受入れています。精神科病棟に入院される方の精神疾患は、統合失調症、気分障害、薬物関連障害、器質性精神障害、認知症、摂食障害、知的障害、発達障害など多岐にわたります。合併身体疾患は、骨折等の外傷、感染症、悪性腫瘍、急性腹症、妊娠・出産、糖尿病、重度栄養障害、その他、種々の内科的・外科的疾患です。急性期の身体疾患に対する治療を目的として入院していただいています。
 他病棟に入院中の患者さんへの往診では、せん妄が最も多く、認知症、うつ病などさまざまな精神疾患が含まれます。

 主要検査

日常診療における一般的な血液・尿検査、内分泌・免疫検査、脳波検査、頭部MRI・MRAおよびCT検査、SPECTによる脳血流検査など。
心理技師による高次脳機能検査、心理検査。
研究段階のものとして、ボルナウイルス属の各種ボルナウイルスの抗体検査。

診療実績

(1)外来
 外来はできる限り縮小しており、平成30年度の外来患者数は延べ5,130人、1日平均20.9人でした。精神科の初診患者は947人でしたが、院内他科からの紹介が784人で83%を占めました。このうち、救急病棟への往診は143人でした。院外からの紹介や受診は163人で、その多くは身体合併症のある方でした。
(2)入院 
 34床の閉鎖病棟です。平成30年度の新入院患者数は325人、病床利用率は86.6%、平均在院日数は32日でした。入院時の入院形態は、医療保護入院 184人、任意入院 114人、措置入院 8人、緊急措置入院 12人、応急入院 7人でした。入院患者のうち、入院治療を要する合併症をもつ方が273人(84%)でした。新入院患者の精神科診断と合併症の有無を図4に示します。合併症を持たない52人には、積極的治療は不要だが精神科病院では対応が難しい身体疾患を持つ方や、修正型電気けいれん療法目的、緊急措置入院などが含まれます。
 精神科病棟への入院経路(直前)は、救急診療科からの転入が合計90人で最も多く、次いで、精神科病院入院中の方の転院(直接精神科病棟へ)が58人でした。救急診療科から転入した90人のうち20人は、精神科病院から救急診療科入院を経て精神科病棟に転入した方でした。
 新入院325人のうち、依頼当日に院外から受け入れた緊急入院は77人(24%)、自損による身体合併症の方は41人(13%)でした。精神科病棟入院中に68件の手術が施行されました。修正型電気けいれん療法は21人に対して計215回行いました。

図1 各年度における新入院患者数と身体合併症の有無

図1

図2 平成30年度 初診患者947人の精神科診断内訳

図2

図3 平成30年度の初診患者947人の紹介元

図3

図4 平成30年度の新入院患者325人の精神科診断内訳と身体合併症の有無

図4

図5 平成30年度の新入院患者325人の依頼元
図5

図6 平成30年度の新入院患者325人の合併身体疾患の有無とその内訳
図6

学会認定など

  • 日本精神神経学会 精神科専門医研修施設
    (阪大病院、さわ病院、阪南病院、浅香山病院の専門医研修プログラム連携施設)
  • 日本総合病院精神医学会 一般病院連携精神医学専門医研修施設
  • 日本総合病院精神医学会 電気けいれん療法研修施設
  • 精神保健指定医の資格申請が当センターの経験のみで可能
  • 応急入院指定病院

スタッフ

職名医師名専門分野学会認定など
主任
部長
松永 秀典
(まつなが ひでのり)
  • 精神科一般
  • 精神疾患の内分泌・ウイルス・免疫学的病態
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会精神科専門医・指導医
  • 一般病院連携精神医学専門医・指導医
副部長 北内 京子
(きたうち きょうこ)
  • 精神科一般
  • うつ病の認知行動療法
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会精神科専門医・指導医
副部長 陸 馨仙
(りく けいせん) 
  • 精神科一般
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会精神科専門医・指導医
副部長 福本 裕美
(ふくもと ひろみ)
  • 精神科一般
  • 精神保健指定医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本透析医学会透析専門医
診療
主任
佐藤 俊介
(さとう しゅんすけ)
  • 精神科一般
  • 認知症
  • 高次脳機能障害
 
レジデント 神田 淳至
(かんだ あつし)
  • 精神科一般

 

レジデント 後藤 大智
(ごとう たいち)
  • 精神科一般
 

診療科からのお知らせ

【合併症治療・修正型電気けいれん療法のための入院相談について】
合併症治療目的の入院のご相談は、医療機関から電話で「合併症で入院依頼」と言っていただければ、担当医師が対応いたします。地域医療連携室を通してご依頼いただいても結構です。緊急性が高い場合を除き、精神・身体両疾患の診療情報提供書・検査データのFAXをお願いしています。合併症の治療が終われば依頼元に戻っていただきます。急性期の積極的治療が必要な方を対象としており、慢性疾患やターミナルケアは含まれません。
電気けいれん療法をご希望の場合も同様にして、かかりつけ医療機関からご相談ください。
電気けいれん療法以外では、精神疾患のみの方は原則として入院をお受けしていません。

【外来受診について】
当センター精神科は身体合併症対応を主な仕事としており、一般の精神科診療のための初診はお受けしていません。ご理解いただけますようお願い申し上げます。

ページトップへ