ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

整形外科

特色

代表的な整形外科の病気の手術治療を中心に診療を行っています
 整形外科では、体の部位では首から足の先まで、病気の種類では脊椎疾患、関節疾患、骨折・靭帯・軟骨損傷を中心とする外傷(けが)、神経障害、腫瘍・腫瘍類似疾患など、全身のさまざまな病気を診療します。近年では、高齢化社会の進行や趣味やスポーツにいそしむ方も増えていることから、整形外科で治療を受け、普段の生活・仕事・趣味やスポーツ活動に痛みに悩まされることなく復帰される患者さんが増加しています。

 私どもは、安全で高い治療効果が得られる治療を提供すべく、以下の代表的な病気の手術治療に重点をおいて診療をおこなっています。

  特色
病院あげてのチーム医療により、安全で高水準の治療を提供します
 安全性と高い治療効果を両立した治療には、チーム医療がキーポイントとなります。患者さんごとに最適な治療方針の検討、初診から入院中、退院後の定期的な検診にわたるトータルケア、万一の転倒による骨折や急変時にもすみやかに対応できる診療体制には、医師個人だけの力では限界があります。当院では各領域に複数の専門医師がおり、チーム医療によりすべての要請にこたえる体制を整えています。 合併症やご高齢などで手術治療に注意が必要な患者さんにも、例えば心臓疾患を有する場合は心臓内科、関節リウマチや喘息を有する場合は免疫リウマチ科、人工透析を行っている場合は腎臓内科など、総合病院の強みを活かして各診療科と連携し、安全性を確認しながら高度な治療を行うことが可能となっています。

 コンピュータナビゲーション手術、MIS(低侵襲性手術)など先進的な治療技術を積極的にとりこみ、高い治療効果をあげるようとりくんでいます。 

主な病気と治療

関節外科
 股関節・膝関節などの代表的な病気である「変形性関節症」、「大腿骨頭・膝関節の骨壊死症」、「関節リウマチ」、「軟骨下不全骨折」などに対し、主に人工関節置換術による治療をおこなっています。
人工股関節では、手術前にCTを撮影し、患者さんにとって最適なインプラントの種類やインプラント固定する位置の3次元の手術計画を立てます。手術中は、ナビゲーション装置を使用して手術計画に沿った正確な手術をおこなうことにより、脱臼などの合併症を防止し、人工関節の長持ちに役立てています。皮膚や筋肉をメスで切開する長さを短くしても(MIS手術)、ナビゲーション手術を使用することにより、正確な手術は維持されます。人工膝関節では、安定して深く曲げることが可能なインプラントを使用し、日常生活でも便利な「安定して良く曲がる膝」を目指しています。
 手術後は翌日から車いすに移乗を開始し、2~3日目から歩行訓練、5日で入浴を許可しています。入院期間は片側手術で2~3週間ですが、両側同日人工股関節、人工膝関節手術も行っています。

 2016年より、臼蓋形成不全症や早期の変形性股関節症、近年股関節の痛みの原因として注目されている股関節唇損傷やFAIという病気に対して、人工関節に入れ替えることなくご自身の股関節を保ちながら治療する寛骨臼骨切り手術と股関節鏡手術もおこおこなっております。
 2017年より、外反母趾、変形性足関節症、リウマチ足変形など足部の手術治療もおこなっております。

→詳しくは 人工関節センター ホームページをご覧ください。

脊椎外科
 頚椎では「頚椎椎間板ヘルニア」「頚椎症性脊髄症・神経根症」「靱帯骨化症」などに対して頚椎椎弓形成術、頚椎前方除圧固定術を行っています。慢性関節リウマチに伴う頚椎病変に対する手術療法は免疫リウマチ科と協力して行っています。
腰椎では「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎分離すべり症」「腰椎変性すべり症」などの変性疾患に対し、髄核摘出術、腰椎椎弓切除術、腰椎の不安定性を伴う場合はチタンスクリュー、ロッド、カーボンケージなどを用いての腰椎後方進入椎体間固定術、腰椎後側方固定術、腰椎前方除圧固定術を行っています。「脊髄腫瘍」は脳神経外科と連携して手術を施行しています。

→詳しくは 脊椎外科クリニック ホームページをご覧ください。

手の外科・外傷
 当外来では骨折をはじめ、腱、靱帯、神経損傷などの外傷疾患の治療を行っております。また、偽関節や変形治癒などの四肢外傷後の合併症に対してもマイクロサージャリーなどの先進医療を駆使した治療を施行しております。手や肘の疾患に対しては、外傷のみならず手根管症候群や肘部管症候群などの神経障害や腱鞘炎などの疾患に対しても治療を行っております。親切で丁寧、わかりやすい対応・説明を心がけて診療させていただきますのでどうぞお気軽にご相談下さい。

→詳しくは 四肢外傷センター ホームページをご参照ください。

「骨・軟部腫瘍外科」「小児整形外科」「膝スポーツ関節鏡外科」の専門医は在籍しませんので、専門的な診断・治療が必要な症例は関連する医療機関へ紹介しています。

主要検査

単純レントゲン、MRI、CT、PET、骨・腫瘍シンチ、関節造影、脊髄造影、椎間板造影、神経根造影など行っています。

診療実績

平成29年(1月から12月)の手術件数は1010件でした。
手術症例の内訳を以下に示します。

 診療実績

スタッフ

写真職名医師名専門分野学会認定など
にしい 主任
部長
西井 孝
(にしい たかし)
  • 関節
    外科
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科運動器リハビリテーション医
  • 日本股関節学会評議員
  • 日本人工関節学会評議員
  • 中部日本整形外科災害外科学会評議員
  • 大阪大学医学部臨床准教授
かの 副部長 鹿野 博亀
(かの ひろき)
  • 脊椎
    外科
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医
  • 日本整形外科リウマチ認定医
  • 日本整形外科運動器リハビリテーション
    認定医
ふじわら 副部長
四肢外
傷治療
センター長
藤原 達司
(ふじわら たつじ)
  • 手の
    外科
  • 外傷
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科認定スポーツ医
  • 日本整形外科リウマチ認定医
  • 日本骨粗鬆症学会認定医
  • 日本整形外科運動器リハビリテーション
    認定医
のむらこうじ 副部長 野村 幸嗣
(のむら こうじ)
  • 関節
    外科
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 日本リウマチ学会指導医
  • 日本整形外科リウマチ認定医
こやなぎ 医長 小柳 淳一朗
(こやなぎ 
 じゅんいちろう)
  • 関節
    外科
  • 日本整形外科学会専門医
まつむらのぶまさ 診療
主任
松村 宣政
(まつむら のぶまさ)
  • 一般
    整形
  • 外傷
  • 日本整形外科学会専門医
しみずたかのり 診療
主任
清水 孝典
(しみず たかのり)
  • 一般
    整形
  • 関節
    外科
  •  日本整形外科学会専門医
まえなか 医員 前中 貴博
(まえなか たかひろ)
  • 一般
    整形
  • 脊椎
    外科
 
かずいありさ 医員 数井 ありさ
(かずい ありさ)
  • 一般
    整形
 
あたらしゆうすけ 医員 新子 祐介
(あたらし ゆうすけ)
  • 一般
    整形
 
なかじまのぞむ 医員 中嶋 望
(なかじま のぞむ)
  • 一般
    整形
 

診療科からのお知らせ

1)受診を希望される患者さんへ
患者さんの待ち時間を短縮し、適切な診療を行うために、外来は原則として「予約制」としております(救急診療を除きます)。 お近くの診療所から当センターの地域医療連携室を通じて、診療予約をおとりいただいての受診をお願い申し上げます。

2)医療施設の先生方へ
当科では、股関節・膝関節・足の関節疾患、脊椎疾患、四肢外傷・手の外科疾患の手術治療を中心に診療をおこなっております。診断や治療にお困りの症例も含め、該当する症例がおられましたら、ご紹介のほどお願い申し上げます。手術治療終了後は、定期的検診を除いて紹介元の施設にもどって通院していただくなど、患者さんが地域に密着して診療を受けやすいよう病診連携を綿密に推進していきたいと考えております。 「骨・軟部腫瘍外科」「小児整形外科」「膝スポーツ関節鏡外科」の専門医は在籍しませんので、専門的な診断・治療が必要な症例は専門的な医療機関へのご紹介をお願いいたします。

3)医学部学生、初期研修医、後期研修医(レジデント)の先生方へ
当科は、日本整形外科学会の教育研修施設の認定を受けており、整形外科の主要な診療領域である関節外科、脊椎外科、四肢外傷・手の外科について、多くの症例の診断から各種手術治療、コンピュータナビゲーションなどの先進的治療まで専門的に研修することができます。当センターの救急診療部・ER部とも連携することで、高度な救急・外傷症例も共同して研修することができます。また、当科では、学会発表・論文発表、外部施設の研修出張など、学術的な素養の形成と診療・手術技術・新しいコンセプトのとりこみを積極的に推奨しております。 当科での研修に興味をお持ちの学生・先生は、経歴を問いませんので、是非ご連絡ください。

ページトップへ