ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

四肢外傷治療センター

四肢外傷治療センターの理念

四肢外傷は整形外科疾患の中で最も頻度が高く、難易度の高い治療を必要とする症例や、その後の人生を左右する後遺障害を伴う症例があります。しかし、諸外国に比べ我が国のこの分野の医療は未だ十分でなく、国内で専門的に治療している施設は極めて少ないのが現状です。特に重度四肢外傷や不安定型骨盤外傷においては、まず始めに適切なdamage control orthopaedics(DCO)を行うことが非常に重要となります。全身状態が安定して初めて機能再建を重視した整形外科根治手術、形成外科軟部組織再建手術が施行可能となります。これらの段階的治療が最適なタイミングで、外傷治療に習熟した者によって的確な治療が行われて初めて、機能の最大回復を望めるリハビリテーション加療へと移行していくことが可能となります。このような重症整形外傷の患者様が社会復帰するまでには、各時相において関連する各専門診療科が適切な加療を行うだけでなく、多職種間で共働しチーム医療を充実化することによって初めて質の高い医療が提供されることになります。この理念を実現させるために、平成25年12月から、整形外科、救急診療科、形成外科、リハビリテーション科の4科が合同で運営する四肢外傷治療センターが設立されました。全国的にも画期的な複数診療科による四肢外傷治療センターによって、これまでにない質の高い外傷医療を提供することを目標としています。治療には外傷治療の専門医だけでなく、これからの整形外科外傷を担う後期研修医もメンバーの一員として活躍しています。

対象疾患

地域医療連携室を通した紹介型の外傷症例や、二次救急もしくは高度救命救急センターからの搬送型の四肢外傷までを対象としております。発足後急速に紹介症例が増加し、対応困難になった事態もありましたが、平成27年4月1日からは四肢外傷センタ-専属病床が設けられ、四肢外傷症例に円滑に対応できるように取り組んでおります。 

運営のイメージ

 運営のイメージ

診療実績

  図1

四肢外傷治療センターからのお知らせ

診療所や病院からの外傷症例の紹介は、従来通り地域医療連携室を通して整形外科外来で対応いたします。骨折専門枠も設けておりますので、四肢外傷センター宛てに紹介状を作成していただけますようお願いいたします。難治性骨折に対しても対応しておりますので、ご利用下さい。

スタッフ

センター長   藤原 達司(整形外科副部長)
副センター長      久保 範明(救急診療科副部長) 
藤川 昌和  (形成外科主任部長)
辻野 精一 (リハビリテーション科主任部長)
山中 緑    (リハビリテーション科副部長)
中堀 泰賢 (救急診療科)
松村 宣政  (整形外科)
西林 章光  (形成外科)
森 宣人   (救急診療科)

リンク先

リンク名称URL
整形外科 https://www.gh.opho.jp/patient/11/2/7.html
高度救命救急センター・基幹災害医療センター http://www.osaka-pgmc.com/
形成外科 https://www.gh.opho.jp/patient/11/2/12.html
リハビリテーション科 https://www.gh.opho.jp/patient/11/5/1.html