ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

リハビリテーション科

特色

 リハビリテーション(以下リハビリ)科は、大阪急性期・総合医療センターのリハビリテーション科と障がい者医療・リハビリテーションセンターの医療部門としての役割を担っており、医療と福祉の連携といった観点に立った活動を行っています。
大阪急性期・総合医療センターにはいろいろな病気や事故のため救急車で運ばれて入院される重症の患者さんも多くおられます。リハビリ科ではこういった患者さんにも、入院後直ちにリハビリの必要性を判断し出来るだけ早くに元気になって退院されるよう、早期からリハビリ治療を開始しています。また、各科での治療が終わった後、リハビリが必要な状態の患者さんや他の医療機関からリハビリ目的で転入院された患者さんには、リハビリ科病棟で集中的にリハビリ治療を行い、自宅退院を目指します。
 2019年4月に開設されました総合リハビリテーションセンターにおいて中心的役割を果たしていきます。

主要疾患

  • 脳血管障害
  • 脊髄損傷
  • 頭部外傷
  • 高次脳機能障害
  • 下肢切断
  • 脳性麻痺
  • 整形外科疾患など
  • 四肢血管エコー
  • ASOトレッドミル
  • 下肢静脈機能検査

主要検査

  • 高次脳機能検査
  • 嚥下造影
  • 嚥下内視鏡検査

診療実績

 リハビリ治療は、一般病棟の各診療科に入院中でリハビリが必要な患者さんと、12階のリハビリ病棟(回復期病棟・障がい者施設一般病棟)に入院している患者さんに行います。一般病棟に入院中の患者さんのリハビリ実施件数、各診療科からの依頼件数それぞれの年次推移と、リハビリ病棟における治療効果、各診療科からの依頼件数、転機のデータを表1〜3に示します。
「表1~3」(平成30年1月1日から平成30年12月31日)詳しくは、こちらをご覧ください。

スタッフ(医師)

写真職名医師名専門分野学会認定など
つじの 主任
部長
辻野 精一
(つじの
 せいいち)
  • リハビリテーション
    医学一般
  • 神経内科
  • 代謝性筋疾患
  • 日本リハビリテーション
    医学会専門医・指導医
  • 日本神経学会専門医
  • 日本内科学会総合内科
    専門医
はやし 副部長 林 富貴雄
(はやし
 ときお)
  • 血管内科
  • 心血管
    リハビリテーション
  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本脈管学会専門医
  • 弾性ストッキングコンダクター
たなか 副部長 田中 有美
(たなか
 ゆみ)
  • リハビリテーション
    医学一般
  • 日本リハビリテーション
    医学会専門医
とき 副部長 土岐 明子
(とき
 あきこ)
  • リハビリテーション
    医学一般
  • 日本リハビリテーション
    医学会専門医・指導医
  • 日本リハビリテーション
    医学会近畿地方会幹事
やまなか 副部長 山中 緑
(やまなか
 みどり)
  • リハビリテーション
    医学一般
  • 日本リハビリテーション
    医学会専門医
  副部長 山本 福子
(やまもと
 ふくこ)
  • リハビリテーション
    医学一般
  • 脳神経外科
  • 日本脳神経外科学会専門医
  副部長 丹羽 陽児
(にわ
 ようじ)
   

スタッフ(セラピスト)

 

リハビリテーション科紹介動画新着情報
紹介動画 新着情報

  

リハビリテーションの流れ施設紹介スタッフ紹介
リハビリテーションの流れ 施設紹介 スタッフ紹介

 

対象疾患取り組み院内外の研修
対象疾患 取り組み 院内外の業務