ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

皮膚科

特色

 当科では、乾癬、難治性皮膚疾患、アレルギー性疾患、感染症などの診断および治療、皮膚腫瘍の生検・切除・病理組織検査を中心に診療を行っています。
 特に乾癬は生活指導、悪化因子の検索、併存疾患の検索、外用療法から生物学的製剤までのトータルケアを積極的に行っています。また超音波検査等を用い関節炎の早期診断を目指しております。アトピー性皮膚炎をはじめとしたアレルギー性疾患については、血液検査やパッチテストなどによる増悪因子の検索を行い、生活指導や外用療法・内服治療を行います。アトピー性皮膚炎の難治例では生物学的製剤の導入も行っています。一般にほくろと呼ばれる色素細胞系腫瘍の診断においてはダーモスコピーを用いた診察が非常に有用であり、悪性が疑われる場合などには生検や切除を行います。糖尿病・末梢循環不全による皮膚障害や、副腎皮質ステロイド剤を用いて治療を行う血管炎や自己免疫性水疱症などの疾患に対しては、他科との連携を行い、原疾患のコントロールや薬物の副作用軽減を図りながら治療を行います。その他、重症の蜂窩織炎や帯状疱疹などの感染症の入院治療を行っています。

主要疾患

【乾癬】
赤くかさかさした病変がさまざまな部位の皮膚に出現する疾患で慢性に経過します。かゆみを伴う場合や関節症状、眼症状を合併する場合などがあります。症状に応じて外用療法、内服療法、光線療法、生物学的製剤などから治療法が選択されます。

【アトピー性皮膚炎】
特徴的な部位に慢性に繰り返す皮膚炎でアレルギーの素因を持つことが多いという特徴を持つ疾患です。増悪因子の除去、スキンケア(清潔、保湿)、主に外用剤を用いた薬物治療などにより疾患のコントロールを行っています。難治例には生物学的製剤も使用しております。

【自己免疫性水疱症】
尋常性天疱瘡、落葉状天疱瘡、水疱性類天疱瘡など、皮膚細胞間の接着分子に対する自己抗体の産生により水疱を生ずる疾患です。重症の場合は大量の副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤の投与、場合によっては大量γグロブリン療法や血漿交換療法などを行います。

【円形脱毛症】
種々の大きさの脱毛斑が生じる疾患で、毛包に対する自己免疫とする説が有力で、外用剤による治療が中心になります。自然治癒も多い疾患ですが、難治例には局所免疫療法や光線療法なども有用です。

【帯状疱疹】
主に神経支配領域に限局した片側性の水疱が多発する疾患です。疼痛を伴うことが多く、皮膚症状が治癒した後も痛みが残る帯状疱疹後神経痛を生じることがあるため、病初期に適切な治療を行うことが必要です。

【皮膚腫瘍】
良性の場合でも悪性の場合でも、さまざまな色、形、大きさの腫瘍が生じます。いぼ、治りにくい傷、皮下出血と思われていた皮膚病変が腫瘍である可能性もあります。診断には皮膚生検が必要なことがあります。

主要検査

【パッチテスト】
かぶれ(接触皮膚炎)の原因となる物質を検索するために行います。化粧品、歯科金属、装飾品、皮革、湿布薬などが主な原因です。

【ダーモスコピー】
特殊な虫眼鏡のような検査機器で、いわゆるほくろ(色素性母斑)とほくろのがん(悪性黒色腫)とを鑑別するのに有用です。その他、微小な皮膚病変の観察などに不可欠です。

【超音波検査】
患部に直接超音波を当ててその反響を影像化する検査法です。当科では体の表面のできものの大きさや性状をみて診断します。また乾癬では関節の評価を中心に行っております。特に22MHz超高周波プローブを備えており、1.5cm未満の浅い部分をクリアに描出できることが可能となり、爪の周りや小さな腫瘍の診断にも有用です。

【皮膚生検】
皮膚腫瘍の良性・悪性の鑑別、水疱症の診断・分類、皮膚症状を持った膠原病・血管炎の診断など、皮膚表面の観察のみでは診断できない場合に欠かせない検査で、病変部を一部あるいは全て切除して病理組織学的に(一部疾患では免疫蛍光抗体法とあわせて)診断を行います。

診療実績

平成30年の新患は1920人で、湿疹・皮膚炎、感染症、薬疹・中毒疹などが多く受診されています(図1)。皮膚生検術は251例施行しています。

図1 平成30年外来患者の疾患別内訳

湿疹・
皮膚炎群
感染症薬疹・
中毒疹
皮膚腫瘍物理的・
化学的障害
血管炎・紫斑
・血行障害
汗腺・脂腺・
毛髪・爪甲疾患
角化症・
炎症性角化症
481 355 192 187 129 120 107 79
蕁麻疹・痒疹
・瘙痒症
紅斑症
・紅皮症
水疱症
・膿疱症
膠原病色素異常症母斑肉芽腫症・代謝異常症その他
65 49 41 21 17 15 13 28

図1

学会認定

日本皮膚科学会認定専門医研修施設

スタッフ

写真職名医師名専門分野学会認定など
はやしみさ 診療
主任
林 美沙
(はやし みさ)
  • 皮膚疾患全般
  • 乾癬
     
  • 日本皮膚科学会専門医
  医員 清水 友理
(しみず ゆり)
  • 皮膚疾患全般

 

診療科からのお知らせ

  • 近隣の医療機関の先生方へ:入院や生検・切除術などが必要な患者さんがおられましたら当科へご紹介お願い申し上げます。病状が安定した段階で紹介元の医療機関へ逆紹介いたします。
ページトップへ