ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

放射線治療科

特色

当科は昭和44年にコバルト治療装置の導入と同時に今と同じ“放射線治療科”として発足した古い歴史があります。当時としては日本国内でも他に聞かない名称であり、また南に行けば和歌山に至るまで放射線治療装置がなかったそうです。現在は3代目のリニアック“ノバリスTx”および小線源治療装置が稼働しています。

放射線治療は、手術、化学療法と並んでがん治療の大きな柱の一つです。放射線治療は手術と同様に局所治療ですが、異なることは機能や形態をそのまま温存した体にやさしい治療であることです。一般には必要な量を数十回に分割して照射しますが、定位照射では1回から数回程度で治療終了することもあります。特にNovalisTxは高精度治療に優れた装置で、定位照射(いわゆるピンポイント治療)やIMRT(強度変調放射線治療)には大きな威力を発揮します。

放射線治療の目的としては大きく2つに分かれます。1つは根治治療で、機能・形態を温存した状態でがんの治癒を目指します。もう1つは緩和治療です。がんが進行し根治が難しくなった場合でも、がんを縮小させて延命を目指した治療をする場合や、がんによる症状を緩和する目的で用います。

最近は放射線治療単独ではなく、集学的治療として化学療法や手術を組み合わせて治療成績の向上を図っている疾患も多くなっています。

主要疾患

  • 頭頸部癌(喉頭癌、咽頭癌など)
  • 肺癌
  • 乳癌
  • 食道癌
  • 子宮癌
  • 前立腺癌など悪性腫瘍全般
  • 頭蓋内腫瘍(脳転移、神経膠腫、聴神経腫瘍、髄膜腫、頭蓋咽頭腫など)

診療実績

平成27年に放射線治療を行った症例は452例でした。疾患別では原発部位でみると、肺癌86例(脳転移、骨転移を含む)、頭頚部癌68例(喉頭癌、咽頭癌、口腔癌など)、乳癌100例(脳転移、骨転移を含む)、泌尿器癌77例(前立腺癌・膀胱癌など)、消化器癌45例(主に食道癌・直腸癌)、女性生殖器癌 29例(主に子宮癌)が主な対象疾患でした。

図1 平成27年 原発部位別治療患者数

図1

※平成22年8月から平成23年1月は機器更新に伴って放射線治療を休止していました。

図2 平成27年 高精度放射線治療件数

図2高精度放射線治療件数

 

特殊治療件数(平成27年)

高精度治療・小線源治療について

高精度放射線治療装置 “Novalis Tx”が稼働しています。Novalis Txの特徴は高精度位置照合システムを有し、画像誘導技術を使った高精度放射線治療(定位照射、強度変調放射線治療(IMRT))が可能である点です。脳定位照射ではマスクによる固定だけで、痛みを伴わずにピンポイント治療が可能で、体の負担なく通院で治療が出来ます。

Novalis Txの大きな利点は、定位照射の分割照射が容易に苦痛なく出来ることです。分割照射することにより、正常組織に優しく、しかも十分な放射線を集中して照射できます。このため、比較的大きな脳病変でも、根治を目指した放射線治療が可能です(図1)。

頭蓋内病変に対するVMAT(回転型IMRT)の治療も行っています。VMATは通常のIMRTに比べて治療時間が短く、10回を超える分割照射には特に有効です。良性疾患(聴神経腫瘍、髄膜腫、頭蓋咽頭腫など)では①副作用を起こさない ②十分な量の放射線を照射する をモットーに5-6週間かけて分割照射を行っています(図2)。

平成27年中に行った高精度治療の内訳は、脳定位照射19例、肺定位照射7例(図3)、IMRT104例でした。IMRTは前立腺癌(図4)、頭頚部腫瘍の他、脊椎腫瘍、肺腫瘍など適応拡大しています。IMRTは治療時間が短縮できるVMATを行っています。

また、小線源治療では高線量率小線源治療装置を用いた子宮頚癌腔内照射、および前立腺癌密封線源永久挿入療法を行っています。腔内照射では、治療に伴う苦痛を軽減するため多くの方では鎮静剤併用で行っています。

平成27年中に行った小線源治療の内訳は、腔内照射 14例、前立腺癌密封線源永久挿入療法 4例でした。

ノバリスTX
ノバリスTX

小線源治療装置
小線源治療装置

学会認定

日本医学放射線学会放射線科専門医総合修練機関
日本放射線腫瘍学会認定協力施設

スタッフ

写真職名医師名専門分野学会認定など
しまもとしげとし 部長 島本 茂利
(しまもと しげとし)
  • がんの放射線治療
  • 日本医学放射線学会
    放射線治療専門医
  • 日本がん治療認定医
    機構がん治療認定医
たまきのぶゆき
医員
玉木 伸幸
(たまき のぶゆき)
  • がんの放射線治療

 

診療科からのお知らせ

放射線治療と一言で言っても、様々な治療方法があります。複数の治療方法がある場合、大阪大学、大阪医療センターなどとも連携し、最適な放射線治療を受けていただくよう努めています。

リンク先

リンク名称URL
大阪大学医学部附属病院 放射線治療科 http://www.radonc.med.osaka-u.ac.jp/
国立病院機構 大阪医療センター http://www.onh.go.jp/mokuji/mokuji.html
ページトップへ