ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
病院紹介

平成29年度病院運営目標

理念

  • 急性期医療から高度な専門医療まで、総合力を生かして良質な医療を提供するとともに、医療人の育成と府域の医療水準の向上に貢献する。

基本方針

  • 安全・安心で、質の高い全人的医療を行います。
  • 人の心を大切に、信頼される医療を行います。
  • 政策医療・地域医療・先進医療に取組みます。
  • 自己研鑽に励み、かつ人材の育成を行います。
  • 誇りの持てる病院づくりをめざします。

平成29年度の基本方針

  • 5疾患(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患)4事業(救急医療、災害医療、周産期医療、小児救急を含む小児医療)について、一層の充実を図るとともに、研究・教育施設として、さらなる実績の向上をめざします。

中期目標(数年後も視野においた基本目標)

  • ICTを活用した地域医療連携の推進
  • 地域がん診療連携拠点病院として質の高いがん医療の推進
  • リハビリテーションと連携した悪性疾患/緩和ケア医療の推進
  • ER部の運用による二次救急医療のさらなる充実
  • 「大阪府市共同 住吉母子医療センター(仮称)」の整備と小児・周産期医療を含む中央部門の充実
  • 本館の再編による有効活用《トレーニングセンターの整備》
  • 新棟整備後の中央館5階東西病棟の活用《短期入院病棟、女性病棟への再編》
  • ICカードを用いた次世代救急・災害コントロールシステムの構築
  • BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)の整備
  • 大阪府医療人キャリアセンター(地域医療支援センター)の円滑運用と医療技術者を含めた人材の育成
  • 先端医療の臨床応用(治験・臨床研究、遺伝子治療、再生医療等)の推進
  • ワークライフバランスの推進《働き続けられる職場づくり》

平成29年度の重点目標

①安全・安心で信頼できる「質の高い医療」の提供

  • 品質管理部及びQMS評価室の設置《ISO9001の取得準備》
  • 臨床検査精度管理の確立《ISO15189の取得》
  • 研究指針の改正に伴う、研究実施計画の見直し
  • 倫理審査委員会認定制度への取組み
  • 先端医療の臨床応用の推進《治験・臨床研究、先進医療の新規申請の推進》
  • 小児・周産期部門の充実《医師・看護師・助産師を含む人材の確保と育成》
  • 救急医療のさらなる充実《四肢外傷治療センターとER部の効果的な運用》
  • がん診療体制の充実《関連人材の養成》
  • チーム医療の充実
  • ロボット支援内視鏡下手術等による低侵襲治療の促進と専門人材の育成
  • エコー検査室の拡張
  • 病棟薬剤業務の充実《目標:服薬指導件数18,000件》
  • 医療技術部の組織改編とその活動推進《専門技術職間の情報共有と技術交流》

②患者サービスの向上

  • PFMの確立と退院支援の充実《医療と介護の連携会議の活動強化》
  • がん相談体制の充実《がん相談件数の増加、人材育成》
  • 薬剤師外来の拡大《目標:がん患者指導件数:1,000件、手術予定患者の服用薬確認:1,000件》
  • 院外調理体制の準備
  • 院内環境の快適性向上《病室・トイレ等の改善》
  • ボランティアの活用拡大《ボランティアの増員と活動領域の拡充》
  • 病院広報のさらなる充実《ホームページのさらなる活用、臨床評価指標の公開、デジタル動画などの広報コンテンツ作成、単行本・SNSを活用した広報の推進》

③府の医療施策の実施並びに府域の医療水準の向上

  • 各種拠点病院としての役割《基幹災害医療センター、高度救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院、地域周産期母子医療センター、小児医療センター、難病医療拠点病院、エイズ中核拠点病院》
  • 「大阪府市共同 住吉母子医療センター(仮称)」の整備《平成30年4月オープン予定》
  • 大阪府救急医療情報センター管制業務の推進 《管制業務及び三次救急コーディネート事業》
  • 大阪府災害医療コントロールセンターの機能強化とBCPの維持・更新《災害時における救命救急医療の提供体制の強化》
  • 大阪府医療人キャリアセンターの活動充実《新専門医制度に対応したキャリア形成支援》
  • 希少性・難治性難病を含む難病への全診療科横断的対応
  • 急性期から回復期までの一貫したリハビリテーション医療、障がい者医療の提供
  • 臨床研究支援センター活動の充実《多施設共同研究や当院独自の研究の推進、研究助成金を含む研究費の獲保》
  • 地域医療機関とのICTを含めた連携の推進《研修会の拡充と地域医療機関ICT連携整備事業の推進》
  • 薬薬連携の推進《レジメン研修、各診療科研修、吸入指導研修、薬事トリアージ研修等》

④業務の効率化と経営改善

  • 平均在院日数の短縮・新入院患者の確保《目標:平均在院日数10日、新入院患者数20,000人、手術件数8,500件、病床利用率93.0%》
  • 診療単価の確保《目標:入院単価 75,000円、外来単価 22,500円》
  • DWH(Data warehouse)の活用
  • 診療科別傷病構造の見直しと患者確保策の策定《初診紹介患者の確保、初診率(各科1%)の向上、初診枠の拡大》
  • DPC制度の評価に繋がる医療提供体制の充足に向けた取組《診療密度への対策・診療科別診療密度のモニター》
  • コストの抑制《給与費の適正化(配置人員の見直し等)、材料費の縮減 (購買価格のさらなる低減化等)、経費の節減(もったいないの徹底等)》
  • 院内採用薬の再検討と後発医薬品の使用促進《目標:数量ベースで80.0%、高値後発医薬品係数の取得維持》
  • 認知症ケア加算の取得
  • 次期(第6期)総合情報システムの構築《平成30年2月更新に向けた取組》

⑤職員満足度の向上

  • 職員満足度向上につながる人事評価の実施
  • 自己研鑽と教育研修の充実・補助《常盤会基金の継続確保》
  • 職員支援体制の整備《メンタルヘルス等への対応》
  • 時間外勤務縮減への取組
  • 職員の子育てバージョン導入など多様な勤務形態の推進
  • 院内保育体制の充実《休日・夜間保育を含めた検討》
  • 医療技術研修会の充実
ページトップへ