ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

甲状腺外科外来

甲状腺外科外来について

甲状腺の腫瘍性疾患(良性、悪性)についての診断と治療を行ないます。またバセドウ病の外科治療、放射性ヨード治療も担当しています。甲状腺の腫瘍性疾患の診断には、頸部超音波検査と、それを用いた吸引細胞診検査が重要です。初診当日にこれらを行うことで迅速な診断を目指し、その他の画像検査(CTやシンチグラム検査など)と血液検査などの結果もふまえ、適切な治療を提案します。手術治療と手術後(甲状腺全摘術後)に行われる放射性ヨードを用いた外来アブレーション治療、放射性ヨードの効果の出なくなった方に対する抗がん剤治療までを当科で行ないます。(入院による放射性ヨード治療の設備はありません。)バセドウ病では、薬物治療の効果が十分でない方などに対して、手術、放射線ヨード治療のどちらにも対応しています。

診察について

診察場所:10番外来 耳鼻咽喉・頭頸部外科
診察日時:月、水、金(予約制)

予約について

かかりつけ医の紹介状をもらわれた上で、紹介医から地域医療連携室を通して予約をお取りください。

問い合わせ先:大阪急性期・総合医療センター 地域医療連携室
電話番号:06-6692-1201(内線2174)

耳鼻咽喉・頭頸部外科外来
電話番号:06-6692-1201(内線2290)

ページトップへ