ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

心臓内科

特色

 2007年4月よりCCU(Cardiac Care Unit)が救命救急センター心臓部門として改編・増床(6床)され、同年10月より心臓血管センター開設以後、平成25年4月には心臓カテーテル専用室を一新・増設(計2室)し、急性冠症候群・急性心不全・致死性不整脈などの心臓救急疾患に対してより多くの患者さんを受け入れることができる体制が整っています。
 非虚血性慢性心不全に対しては心筋生検を中心とした病態解明に基づいた最適の治療法を選択し、慢性心不全患者に対しては 急性期リハビリテーションも含め、research nurse の協力を得ながら心不全専門外来を設けてきめの細かい診療をしています。不整脈の分野においては、心臓血管センター開設以後、立体画像診断・治療支援機器であるCARTOシステム中心に用いてカテーテルアブレーションを行っておりましたが(2016年4月よりクライオアブレーションを導入)、2017年8月に超高解度3次元マッピングシステム(Rhythima)を導入し、従来のシステムでは困難であった複雑な不整脈の治療も可能になっております。
 2014年10月には心臓血管外科・麻酔科等からなるHeart Teamとして経皮的大動脈弁置換術(TAVI)を導入し(関西で6施設目)、最近では軌道に乗り毎月4例前後にTAVIを行っております(2019年度は64例施行)。さらに2019年1月より手術リスクの高い重症僧帽弁閉鎖不全に対しての経皮的僧帽弁形成術を導入しております(2019年度は27例施行)。
 当科では今後益々侵襲的、非侵襲的を問わず最先端の診療を行っております。さらにそれらの成果は、毎年国内はもとより海外の学会に情報発信しております。

主要疾患

  • 虚血性心疾患(急性冠症候群、心筋梗塞、狭心症)
  • 心筋症
  • 心臓弁膜症
  • 不整脈
  • 肺塞栓
  • 閉塞性動脈硬化症
  • その他の一般循環器疾患

主要検査

観血的検査

  • 心臓カテーテル検査
  • 血管造影検査
  • 電気生理学的検査
  • 心筋生検

非観血的検査

  • 運動負荷検査
  • 体表面心電図
  • ホルター心電図
  • 四肢同時血圧測定
  • 血管内皮機能検査(FMD)
  • 心肺機能検査
  • 心臓超音波検査
  • 心臓アイソトープ検査
  • 心臓CTおよびMRI検査

診療実績

2019年の年間入院患者数は3088人で、その内訳は虚血性心疾患1364人(急性冠症候群147人:そのうち急性心筋梗塞は102人)、不整脈820人、心筋・心膜疾患262人、閉塞性動脈硬化症200人、弁膜症242人、肺塞栓・深部静脈血栓症26人、肺高血圧症5人、その他174人でした(図1)。年間入院患者数はここ数年心臓血管センター開設後年々増加していますが(図2)、平均在院日数は5.9日とかなり短い状況で推移しています。
(1) 心臓カテーテル検査・治療(図3)
 2019年の心臓カテーテル検査の年間件数は2808(緊急296)例で、PCI(経皮的冠動脈形成術)件数は569(緊急147)例でした。さらに平成28年よりエキシマレーザー(ELCA)を導入し、2019年は49例に施行しました。閉塞性動脈硬化症に対する末梢血管形成術は185件でした。
(2) 不整脈検査・治療
 近年、不整脈入院患者数(図2)は増加しています。2019年はアブレーションを569例に施行しました。最近ではアブレーションのほとんどの不整脈は心房細動(2019年は517例(全体の83%):このうちクライオアブレーションは60例)であります。平成29年には超高解度3次元マッピングシステム(Rhythima)を導入しており(図5)、今後益々難治性不整脈症例に対するアブレーション実施数が増えていくと思われます。徐脈性不整脈に対しては人工ペースメーカー植え込み術161例(このうちHis束ペーシングは10例、Leadlessは24例)、頻脈性致死性不整脈に対して植え込み型除細動器(ICD)植え込み術15例、心不全に対して両心室ペーシング(CRT)植え込み術22例(除細動機能付きは15例)、完全皮下植え込み型ICD(S-ICD)5例施行しています。さらにエキシマレーザーを用いたリード抜去術を平成29年より開始し、2019年は4例に施行しております。
(3)非観血的検査部門
 心臓超音波検査は10983例(経食道エコー検査754例)、ホルター心電図検査は889例、ABI測定検査は5862例、心臓アイソトープ検査は1495例に行っています。心臓CT件数は1614例、心臓MRIは207例に施行しました。

図1 年間入院患者の疾患内訳(2019年)

虚血性
心疾患
不整脈心膜・
心筋疾患
閉塞性動
脈硬化症
弁膜症肺塞栓・深部
静脈血栓症
その他
1364 820 262 200 242 26 174

図1

図2 過去10年間の年間入院患者数

図2

 

図3 過去10年間の心カテ・冠動脈形成術(PCI)件数

 図3 図3PCI

図4 過去10年間のカテーテルアブレーション(Ablation)・心房細動アブレーションの件数

図4

図5 超高解度3次元マッピングシステム(Rhythima)

図5

学会認定

循環器学会専門医研修施設、心血管インターベンション学会研修施設、不整脈学会専門医研修施設、植え込み型除細動器移植・交換術、両室ペースメーカー移植術認定施設

スタッフ

写真職名医師名専門分野学会認定など
ふくなみ  顧問 福並 正剛
(ふくなみ
 まさたけ)
  • 心不全
  • 不整脈
  • 虚血心
  • 内科認定医
  • 循環器専門医
  • 不整脈専門医
  • 高血圧指導医
  • 身障者認定医
やまだ 副院長
心臓血管
センター長
山田 貴久
(やまだ
 たかひさ)
  • 心不全
  • 虚血心
  • 弁膜症
    (TAVIなど)
  • 不整脈
  • 総合内科専門医
  • 循環器専門医
  • 心血管インターベンション
    治療学会専門医
  • 高血圧指導医
  • 身障者認定医
わたなべてつや 主任部長 渡部 徹也
(わたなべ
 てつや)
  • 不整脈
  • 虚血性
  • デヴァイス
  • 心エコー図
  • 総合内科専門医
  • 循環器専門医
  • 心血管インターベンション
    治療学会専門医
  • 超音波専門医・指導医
  • 不整脈専門医
  • ICD・CRT認定医
  • 身障者認定医
もりた 部長
(CCU室長)
医療情報
部長
森田 孝
(もりた
 たかし)
  • 虚血心
  • 心不全
  • 不整脈
  • 総合内科専門医
  • 循環器専門医
  • 心血管インターベンション
    治療学会専門医
  • 身障者認定医
  • ICD・CRT認定医
ふるかわ 不整脈科
部長
古川 善郎
(ふるかわ
 よしお)
  • 不整脈
  • デヴァイス
  • 心不全
  • 内科認定医
  • 循環器専門医
  • 不整脈専門医
  • 身障者認定医
  • ICD・CRT認定医
たまきしゅんすけ 副部長 玉置 俊介
(たまき
 しゅんすけ)
  • 心不全
  • 虚血心
  • 不整脈
  • 心エコー図
  • 総合内科専門医
  • 循環器専門医
  • 超音波専門医
かわさき 医長 川﨑 真佐登
(かわさき
 まさと)
  • 不整脈
  • デヴァイス
  • 心不全
  • 総合内科専門医
  • 循環器専門医
  • 不整脈専門医
  • ICD・CRT認定医
きくち 医長 菊池 篤志
(きくち
 あつし)
  • 虚血心
  • 心不全
  • 弁膜症
    (TAVIなど)
  • 心リハ
  • 内科認定医
  • 循環器専門医
  • 心血管インターベンション
    治療学会認定医
かわいつとむ 診療主任 河合 努
(かわい
 つとむ)
  • 虚血心
  • 弁膜症
    (TAVIなど)
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 不整脈
  • 内科認定医
  • 循環器専門医
  • 心血管インターベンション
    治療学会認定医
せお 診療主任 瀨尾 昌裕
(せお
 まさひろ)
  • 心不全
  • 虚血心
  • 弁膜症
    (TAVIなど)
  • 心エコー図
  •  内科認定医
なかむら 医員 中村 淳
(なかむら
 じゅん)
  • 虚血心
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 不整脈
  •  内科認定医
かやま レジデント

香山 京美
(かやま
 きよみ)

  • 心疾患全般
 
かわひら レジデント 川平 正継
(かわひら
 まさつぐ)
  • 心疾患全般
 
きむらたかなり レジデント 木村 鎬成
(きむら
 たかなり)
  • 心疾患全般
 
さかもとだいすけ レジデント 坂本 大輔
(さかもと
 だいすけ)
  • 心疾患全般
 
うえだくんぺい レジデント 上田 薫平
(うえだ
 くんぺい)
  • 心疾患全般
 
こうがめたけひろ レジデント 髙亀 武弘
(こうがめ
 たけひろ)
  • 心疾患全般
 
いとうしょうた レジデント 伊藤 翔泰
(いとう
 しょうた)
  • 心疾患全般
 
ちゃんよんちょる 専攻医 張 英哲
(チャン
 ヨンチョル)
  • 心疾患全般
 

診療科からのお知らせ

 当科(心臓血管センター)では“循環器疾患の高度専門医療を安全に提供する”をモットーに診療をしております。さらに当科は循環器専門医研修施設・心血管インターベンション学会研修施設・不整脈学会研修施設として認定され、また、植え込み型除細動器移植術、交換術、両室ペースメーカー移植術の認定施設としても登録されています。さらに平成26年不整脈科の開設以後、心房細動外来(火曜日午後)・不整脈外来(水曜日・木曜日)を設け、心房細動・その他の不整脈に対するアブレーションを含めた診療を積極的に行っています。さらに平成27年4月より経皮的大動脈弁置換術(TAVI)外来を心臓外科と協力して毎日設けており、手術ハイリスクの重症大動脈弁狭窄症患者にTAVI診療を行っています。平成29年4月より弁膜症外来を設け(水曜日)、重症僧帽弁閉鎖不全症などの弁膜症一般も診療しております。平成31年1月より手術リスクの高い重症僧帽弁閉鎖不全に対しての経皮的僧帽弁形成術を導入いたしました。重症の急性心不全に対する循環補助として大動脈内バルーンパンピング(IABP)・経皮的心肺補助装置(PCPS)以外に、令和元年12月よりIMPELLAを導入しました。当然ながら地域医療との連携を重要視し、密なる情報提供を心掛けております(紹介率114%、逆紹介率250%)

リンク先

リンク名称URL
心臓血管センターfacebook http://facebook.com/opho.cvs
ページトップへ