ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
患者のみなさまへ

消化器外科

特色

国指定地域がん診療連携拠点病院の役割を担うべく、下記の特色を有しています。
(1)低侵襲鏡視下手術・機能温存手術から術前化学療法後の拡大手術まで幅広い外科的選択肢を有しており、あらゆる消化器外科疾患に対応致します。大腸癌を対象としたロボット手術も受けて頂くことが出来、その施行件数は日本で5指に入ります。
(2)多施設共同臨床試験への参加・登録数は全国でも有数であり、最新の知見に基づいた治療、全国でも限られた数十の施設でしか受けられない新規薬剤を使った治療、厚生労働省の認可を受けた先進医療など、他の施設では得られない治療を受けて頂くことが出来ます。
(3)あらゆる外科的良性疾患にも積極的に対応しています。
(4)術前の栄養状態や筋肉量の評価から始まり、周術期には嚥下・呼吸のリハビリや早期からの栄養介入を積極的に行い患者さんの合併症のない回復に努めています。
(5)高齢化に伴い何らかの全身疾患を抱えた癌患者さんが増加していますが、当院の強みであります神経内科・心臓内科・腎臓高血圧内科などとの円滑な連携により、他院では治療が難しいと考えられた患者さんに対してもできるだけの加療を行っています。
(6)Multidisciplinary approachとして、消化器内科、画像診断科、放射線治療科、耳鼻・頭頸部外科、形成外科、病理科、リハビリテーション科、麻酔科などとの協議のもとに、最新のエビデンスに基づいて治療方針を決定しています。

主要疾患

頸・胸・腹部臓器疾患のうち外科的処置を必要とするあらゆる消化器疾患を対象としています。
〈診療領域〉消化器外科
〈主な対象疾患〉

  • 悪性疾患 消化器(食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆嚢・胆管癌、膵臓癌)、
  • 良性疾患 GIST、胆石症、腸閉塞、良性腫瘍、虫垂炎、痔核・痔瘻、ヘルニアなど

1.領域別専門外来

領域別専門外来を設置し、専門的で高度な医療を提供できる体制を取っています。

  • 上部消化管   (月・火・水・木)
  • 下部消化管   (月・木・金)
  • 肝・胆・膵     (月・火・水・木)
  • 緩和外来    (水)
  • 緩和ケア相談室 (月・火・水・木・金)
    緩和ケアチームにより、外科外来またはがん相談支援センタ-で行います。

2.進行した癌に対する集学的治療

食道癌、胃癌、大腸癌、胆道癌、膵癌などがかなり進行し、そのままでは根治的な手術が難しい時や切除してもすぐに再発が予想される時には、化学療法(抗癌剤治療)や放射線治療を手術前に行い、その後に手術を行います。手術前の治療が良く効き、顕微鏡で見ても腫瘍細胞が沢山死滅している時には、手術後も再発が抑えられ治癒する確率が高まることが分かってきました。術前治療後の手術は難易度が上がりますが、当センターでは安全に施行されています。 

3.非進行癌に対する機能温存手術

  • 早期胃癌に対する迷走神経温存手術や幽門輪温存手術、直腸癌に対する性機能や排尿機能をつかさどる自律神経の温存手術などを積極的に行っています。
  • 直腸癌に対してはできるだけ人工肛門を避ける手術を行いますが、肛門直上の直腸癌で人工肛門の造設が避けられない場合には、様々な相談に応じられるよう、創傷・オストミ-・失禁(WOC)看護認定看護師によるストマ外来を開設しています。

4.臨床腫瘍医による化学療法(抗癌剤治療)

  • 当科を含む複数科の臨床腫瘍医による協議のもとに、抗癌剤治療の内容を検討し実施しています。 
  • 抗癌剤の臨床試験への参加・登録数は全国でも有数であり、最新の知見に基づいた治療、全国でも限られた数十の施設でしか受けられない新規薬剤を使った治療、厚生労働省の認可を受けた先進医療など、他の施設では得られない治療を受けて頂くことが出来ます。
  • 手術の適応とならないような進行した癌や再発した癌に対して、使える薬はすべて使い切るとの姿勢で良好な成績を得ています。  
  • 術後も再発しないように、標準治療を上回る効果が期待される補助化学療法の試みを行っています。
  • 抗癌剤治療を行う上では、副作用対策や安全性の確保が重要です。医師だけではなく、癌専門の資格を有した薬剤師や看護師、栄養士が積極的に治療に関与します。    

5.体に優しい鏡視下手術(胸腔鏡下、腹腔鏡下手術)

  • 胸やお腹を大きく切らない鏡視下手術を進行度に応じて適用しています。内視鏡による拡大視効果により手術の精度や安全性が高まります。また、手術侵襲をできるだけ少なくすることで、早い回復が得られ、術後の合併症も少なくなることが期待されます。
  • 食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵臓癌などの悪性疾患をはじめ、胆石症、虫垂炎などの良性疾患を対象としています。
  • 大腸癌を対象としたロボット手術も受けて頂くことが出来ます。

6.重篤な併存疾患(合併症)を有する症例に対する外科治療

  • 高齢化に伴い心疾患、腎疾患、脳血管障害、糖尿病などの併存疾患(合併症)を有する患者さんが増えていますが、当センターの強みであります神経内科・心臓内科・腎臓高血圧内科などを始めとした多くの診療科(28診療科)との円滑な連携により、他院では治療が難しいと考えられた患者さんに対してもできるだけの加療を行っています。

7.膵臓移植医療における多施設間協力体制への参画

  • 糖尿病性腎症に対する膵腎同時移植医療に参画しています。

診療実績

学会認定

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
  • 日本胸部外科学会認定医指定施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本気管食道科学会専門医指定施設
  • 日本大腸肛門病学会専門医制度関連施設
  • 日本消化器内視鏡学会認定指導施設
  • 日本食道学会食道外科専門医認定施設

スタッフ

写真職名氏名専門分野学会認定など
いわせかずひろ 副院長

岩瀬 和裕
(いわせ
 かずひろ)
(消化器の腫瘍外科)  
(内視鏡外科)
  • 日本外科学会:指導医/専門医/認定医
  • 日本消化器外科学会:評議員/指導医
    /専門医/認定医
  • 日本消化器病学会:指導医/専門医/認定医
  • 日本内視鏡外科学会:評議員/技術認定医
  • 日本肝胆膵外科学会:評議員/高度技能指導医
  • 日本外科代謝栄養学会:評議員
  • 日本静脈経腸栄養学会:評議員/認定医
  • 日本腹部救急医学会:会誌編集委員/評議員
  • 日本食道学会:認定医
  • 日本胃癌学会:評議員
  • 日本癌治療学会:臨床試験登録医
  • 日本がん治療認定医機構:がん治療暫定教育医
  • 日本臨床外科学会:評議員
  • 日本救急医学会:専門医
  • 日本乳癌学会:認定医
  • 日本胸部外科学会:旧指導医(食道)/認定医
  • 近畿外科学会/評議員
【ひとこと】
定型的手術や拡大切除手術のみならず、近年は、食道裂孔ヘルニア、アカラシアなどの良性疾患や早期例を中心とする癌手術において、腹腔鏡下手術を主体とする低侵襲手術を積極的に進めて参りました。また、手術技術のみならず抗癌剤治療をはじめとする集学的治療においても、治験や多施設共同臨床試験など、できるだけ多くの選択肢を個々の患者様に提供できるよう努力しております。
ふじたにかずまさ 主任部長

藤谷 和正
(ふじたに
 かずまさ)
(上部消化管の外科)
(内視鏡外科)
  • 日本外科学会:国際委員会委員/指導医/専門医/認定医
  • 日本消化器外科学会:評議員/指導医
    /専門医/認定医
  • 日本食道学会:評議員/食道外科専門医
    /認定医
  • 日本胃癌学会:評議員/研究推進委員会委員
    /Gastric Cancer誌Editorial board member
  • 日本がん治療認定医機構:がん治療認定医
  • 近畿外科学会:評議員
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
  • 米国臨床腫瘍学会(ASCO)
  • 欧州臨床腫瘍学会(ESMO)
【ひとこと】
食道癌・胃癌では従来の標準手術だけではなく、早期の症例では腹腔鏡(胸腔鏡)下低侵襲手術や神経・幽門・噴門を温存した機能温存手術を、進行した症例では癌が浸潤した臓器やリンパ節を十分な範囲で取り去る拡大手術を行ない、患者さん個々に最適な治療法を十分な説明と同意の下に行っています。進行症例や再発症例には、新規抗癌剤や分子標的薬を組み合わせた最新の化学療法や放射線療法を積極的に行い、時には切除不可能であったものが切除可能になることで、良好な成績を得ています。また、国立がんセンターを中心とした JCOG(Japan Clinical Oncology Group)のコアメンバーとして、科学的根拠に立脚した最良の治療法の確立に積極的に取り組んでいます。
もとおりまさあき 副部長

本告 正明
(もとおり
 まさあき)
(上部消化管の外科)
(内視鏡外科)
  • 日本外科学会:指導医/専門医/認定医
  • 日本消化器外科学会: 指導医/専門医
  • 日本食道学会:評議員/食道外科専門医
    /食道科認定医
  • 日本消化器病学会:専門医
  • 日本がん治療認定医機構:がん治療認定医
  • 近畿外科学会:評議員
  • 日本胃癌学会
  • 日本がん治療学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本癌学会
【ひとこと】
食道癌、および、胃癌治療においては、比較的早期の症例では鏡視下手術を行い、進行した症例においては予後改善のために、術前、または術後化学(放射線)療法と手術を組み合わせた集学的治療を行います。また、補助療法の有害事象軽減、術後のQOL維持に積極的取りくんでおります。消化器内科や放射線治療科との連携を密にして各患者さんに最適の治療が行えるように努力いたしますので、よろしくお願いいたします。
こもりたかみち 副部長

小森 孝通
(こもり
 たかみち)
(大腸の外科)
(内視鏡外科)
  • 日本外科学会指導医/専門医
  • 日本消化器外科学会指導医/専門医
  • 日本大腸肛門病学会指導医/専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医(大腸)
  • 日本消化器内視鏡学会指導医/専門医
  • 日本消化器病学会指導医/専門医
  • 日本癌治療学会
  • ダ・ヴィンチサージカルシステム認定医
  • 近畿外科学会:評議員

【ひとこと】
大腸癌の外科治療を中心として、大腸・肛門に関わる疾患の治療を担当しています。腹腔鏡を用いた体に負担の少ない手術や緊急手術、抗癌剤治療や臨床試験など、種々の選択肢の中からそれぞれの患者さんにあった治療を相談しながら決めていきます。責任を持って治療させていただきますので、よろしくお願いします。

みやざきすすむ 副部長

宮崎 進
(みやざき
 すすむ)
(大腸の外科)
(内視鏡外科)
  • 日本外科学会:専門医
  • 日本消化器外科学会:専門医
    /(消化器がん外科治療認定医)
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本消化器内視鏡学会

【ひとこと】
大腸外科を専門としています。最良の医療が患者様に提供できるように努力させていただきます。
よろしくお願いします。

なかつかりえ 診療主任

中塚 梨絵
(なかつか
 りえ)
(上部消化管の外科)
(内視鏡外科)
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構認定医

【ひとこと】
胃癌、食道癌をはじめとした上部消化管領域の疾患を中心に担当しております。進行癌や再発の方に対しても、抗がん剤治療や手術などを組み合わせた集学的治療を積極的に行っております。当センターは、多施設共同臨床試験や治験にも多数参加し、科学的根拠に基づいた最新の治療が提供できるように日々精進しております。また、術後の生活や栄養管理、癌による疼痛についても、患者様それぞれの要望に沿った治療を提供できるように心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

こまつひさてる 診療主任

小松 久晃
(こまつ
ひさてる)
消化器外科
(肝胆膵の外科)
(内視鏡外科)
  • 日本外科学会:専門医
  • 日本消化器外科学会:専門医
    /(消化器がん外科治療認定医)
  • 日本がん治療認定医機構:がん治療認定医
  • 日本肝胆膵外科学会
  • 日本消化器病学会
【ひとこと】
消化器外科、主に肝胆膵外科領域を担当させていただきます。良性疾患では適切なタイミングでの手術治療を行います。肝胆膵領域の悪性疾患は診断・治療が難しい場合も少なくありませんが、当科ではそれぞれの患者さんのご希望・病態を踏まえて関係各科の専門医との緊密な連携を行い、精緻な術前診断はもとより外科治療、抗がん化学療法、カテーテル治療等を組み合わせた質の高い集学的治療を提供できる体制を整えております。当科を受診される方に満足していただけるように日々努める所存でございます。
にしざわゆうじろう 診療主任

西沢 佑次郎
(にしざわ
ゆうじろう)
消化器外科

(大腸の外科)
(内視鏡外科)

  • 日本外科学会:専門医
  • 日本消化器外科学会:専門医
    /(消化器がん外科治療認定医)
  • 日本がん治療認定医機構:がん治療認定医
  • 日本癌治療学会

【ひとこと】
大腸癌を中心とした下部消化管疾患を担当しております。大腸癌と診断され、不安でいっぱいの患者さんの気持ちに寄り添い、患者さんが求める最適の治療を提供できるよう日々努力させていただきます。よろしくお願いいたします。

はやしよしのり 医員

林 芳矩
(はやし
 よしのり)
消化器外科全般
  • 日本外科学会
【ひとこと】
胃癌や大腸癌といった消化器悪性疾患のほか、胆石症やヘルニア、虫垂炎など消化器外科領域の疾病は非常に多岐にわたるとともに、食事という生活の重要な一部をしめる行為に深く関わってくるものばかりです。こうした疾病で苦しんでおられる患者様の力になりたいという思いから、当センターでの2年の研修期間を経て消化器外科の道へと進みました。手術に対する確実な技術と実力は勿論ですが、その他化学療法、放射線療法、また症状緩和のための支持療法など様々な治療を幅広く応用し、なにより常に患者様に寄り添い信頼される全人的医療を実践していけるよう日々精進して参りますのでよろしくお願いいたします。
いけながなおき 医員

池永 直樹
(いけなが
 なおき)
消化器外科全般

 

【ひとこと】
消化管に癌ができても手術を行い食事が出来るようになり笑顔で帰って行くことの素晴らしさに魅了され、当センターでの2年間の研修の後、消化器外科レジデントとして働くこととなりました。患者さんを第一に考える人間味のある医師として、洗練された医療を提供できるよう努力して参ります。
すぎもとともき 医員

杉本 智樹
(すぎもと
 ともき)
消化器外科全般  
【ひとこと】
多くの患者さんと触れあい大変貴重な経験をさせていただいております。たくさんの方々の笑顔を見れるよう日々の診療に全力で取り組んで参ります。
みなみそういちろう 医員
南 壮一郎
(みなみ
 そういちろう)
消化器外科全般  
【ひとこと】
2年間の初期研修が終了し、消化器外科レジデントとして新たなスタートを切りました。専門的な知識・技術を身につけることは勿論ですが、患者さんを第一に考えた治療を行う医師を目指したいと思います。
すみもとさとこ 医員
住本 知子
(すみもと
 さとこ)
消化器外科全般
  •  日本外科学会

【ひとこと】
今年度より当センターで働かせていただくこととなりました。
まだまだ学ぶことばかりで至らぬところもあると思いますが、患者様との対話を大切にして一歩一歩成長していきたいと考えておりますので宜しくお願いします。 

なかのゆうすけ 医員
中野 祐輔
(なかの
 ゆうすけ)
消化器外科全般
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
【ひとこと】
当センターで2年間の初期研修を終了し消化器外科レジデントとして勤務しております。謙虚な姿勢で患者様に寄り添う医療を実践できるよう日々精進して参ります。

診療科からのお知らせ

外科系症例データベース事業(NCD)への参加について

進行中の臨床試験

先進医療

先進医療

治験

治験

多施設臨床試験

多施設臨床試験詳しくはこちらをご覧ください。

ページトップへ