関節リウマチ分類基準 ACR/EULAR 2010年

治療を開始すべき早期炎症性関節炎患者を同定

Ann Rheum Dis. 2010;69:1580-1588, Arthritis Rheum. 2010, 62:2569-2581

図

スコアリングシステム

ARD 2010;69:1580-1588
A&R 2010, 62:2569-2581

腫脹または圧痛関節数

  • 小関節の定義:MCP,PIP,1stIP,2-5MTP, 手首
  • 大関節の定義:肩,肘,膝,股,足首
  • OAとの鑑別のためDIP,1stCMC,1stMTPは除外
大関節の1カ所 0点
大関節の2~10カ所 1点
小関節の1~3カ所 2点
小関節の4~10カ所 3点
最低1つの小関節を含む11カ所以上 5点

血清反応:RF, CCP抗体

  • 低値陽性は正常上限から正常上限の3倍まで
  • 高値陽性は正常上限の3倍を超える場合
RF,CCP抗体の両方が陰性 0点
RF,CCP抗体のいずれか低値陽性 2点
RF,CCP抗体のいずれか高値陽性 3点

炎症反応

CRP,ESRの両方が正常 0点
CRPもしくはESRのいずれか高値 1点

罹患期間

評価時に腫脹または圧痛関節のうちで、患者が申告する罹患期間

6週未満 0点
6週以上 1点

合計6点以上で関節リウマチ診断

2010年関節リウマチ分類基準 使用時

鑑別疾患難易度別リスト:日本リウマチ学会2012.1

鑑別難易度

  1. ウイルス感染に伴う関節炎(パルボウイルス、風疹ウイルスなど)
  2. 全身性結合組織病(シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病、皮膚筋炎・多発性筋炎、強皮症)
  3. リウマチ性多発筋痛症
  4. 乾癬性関節炎
  1. 変形性関節症
  2. 関節周囲の疾患(腱鞘炎、腱付着部炎、肩関節周囲炎、滑液包炎など)
  3. 結晶誘発性関節炎(痛風、偽痛風など)
  4. 血清反応陰性脊椎関節炎(反応性関節炎、掌蹠膿疱症性骨関節炎、強直性脊椎炎、炎症 性腸疾患関連関節炎)
  5. 全身性結合組織病(ベーチェット病、血管炎症候群、成人スチル病、結節性紅斑)
  6. その他のリウマチ性疾患(回帰リウマチ、サルコイドーシス、RS3PEなど)
  7. その他の疾患(更年期障害、線維筋痛症)
  1. 感染に伴う関節炎(細菌性関節炎、結核性関節炎など)
  2. 全身性結合組織病(リウマチ熱、再発性多発軟骨炎など)
  3. 悪性腫瘍(腫瘍随伴症候群)
  4. その他の疾患(アミロイドーシス、感染性心内膜炎、複合性局所疼痛症候群など)