クリニカルラダーと教育

クリニカルラダーと教育

看護職員の一人ひとりが 計画的に自己能力の開発を行っていくためにクリニカルラダー 教育計画 評価基準を設けた

1 クリニカルラダー 臨床能力開発段階

看護師の臨床能力を看護実践能力、組織的役割遂行能力、自己教育力、研究能力の4領域に分類し、能力開発段階の到達目標をレベル目標、一般目標、行動目標の3段階で設定した。

到達目標はレベル別になっているが、看護師一人ひとりが自己能力の開発段階を評価して、設定したレベル目標に対しての能力開発を行っていくものとする。
レベル目標 一般目標詳細はこちら

Get Adobe Reader※各書類をご利用いただくにはAdobe Reader7.0以上が必要です。

2 クリニカルラダーレベル別到達目標自己チェック表

看護専門職の能力開発の支援ツ-ルとして、レベル別到達目標自己チェック表を用いて評価を行う。

1)目的:
  • 自己の成長過程を評価し能力開発のための指標として到達状況に併せて
    自己目標の設定を行う。
2)目標:
  • 1.看護師としての自己の臨床能力を正しく評価する。
  • 2.評価結果を自己目標の設定に効果的に反映する。
3)評価の具体的活用方法: 目標管理とのリンク

「レベル別到達目標自己チェック表」を基に、個々の看護師が能力開発の目標管理を行う。 前年度の評価結果を参考にして、看護師一人ひとりのラダ-レベルを確認し、目標達成に向けての教育計画の助言、支援を行う。

3 クリニカルラダーレベル別の教育計画

看護師が、レベル目標を達成するために、クリニカルラダ-とリンクした集合教育プログラムを作成しているので、到達レベルの能力開発に必要な研修が受講できるように、 自己教育の年間計画を立てる。
尚、各単位でも、単位の看護実践に必要な専門的看護の知識・技術・態度について、職場教育委員を中心に勉強会を計画・実施する。 一人ひとりの看護師が計画的にセンタ-内の集合・単位の教育・研究活動に参加できるように支援する。
集合教育のねらい

[ラダーにリンクした教育計画図] 看護臨床能力(看護実践 組織的役割遂行 教育研究)を開発し 看護部理念の実践者となる自律型人材の育成を目指します

看護部が主催する集合教育には研修とセミナ-がある。
【研修】 とは、学問や技芸などをみがきおさめること:現職教育 クリニカルラダ-とリンクした内容を勤務時間内に計画、実施する教育プログラム
教育計画詳細はこちら
【セミナ-】 とは、物事に習熟するために練習をおこなうこと:演習 専門看護、看護管理の領域についての知識、技術、態度を習得するために、勤務時間外に計画、実施する教育プログラム
プリセプティー プリセプター教育のねらい

このページの先頭にもどる

病院紹介看護部(ナビゲーション)