ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。
病院の特長

ISO9001認証取得状況について

 当センターが提供する医療の質は、外部機関の評価により可視化されることになります。現在、日本医療機能評価機構の認定を受けていますが、病院機能評価は、病院組織全体の運営管理と提供される医療を評価するものです。
 一方、今年度目標の一つとして準備してきた品質マネジメントシステムISO 9001では、病院機能評価が求める要素に、「リスク」と「機会」の切り口を認識した取り組みと内部監査のシステムが要求されています。
 2018年2月6・7日に、二名の審査チームにより、形成外科と支援組織のQMS評価室の第2段階登録審査が実施されました。合計6つの観察事項が指摘されましたが、それらに対する修正及び是正の計画を提出し、3月19日の一般財団法人日本規格協会QMS判定委員会で“登録”が承認されました。
 今回の登録範囲は、「医療サービスの提供」で、対象部門は、「形成外科部門及びQMS評価室」ですが、今後、対象部門の拡大に向けて準備を進めます。
 このISO 9001の導入のきっかけが、各部門の良い取り組みを認め合い、他の領域にもそのknow howを伝えるものとなるように広げていただきたいと思います。
 リスクと機会を意識しながら、各部門で事故なく安心・安全な医療を提供できるシステムの構築を進め、チーム及び関係者と十分な連携をとって、さらに顧客満足度を高める組織としたいと考えています。

  ISO9001   ISO9001

 

 

ページトップへ